「健康=人的資産」という考え方パート2

操体法の講座
前回これから年金の支給が徐々に遅くなるかもしれない、という事を書きました。

よく定年後に必要な金額は○○円というような話を聞くと思います。

必要額は2,000万円という現実的な金額まで出てきました。

 

老後に必要なお金は

老後に必要なお金
平均寿命は男性で82.84歳、女性で88.37歳という統計があります。

しかし少し余裕を持たせて夫87歳、妻92歳まで生きると仮定します。

最低限の生活のためには月24万円、ややゆとりある生活のためには月30万円かかると言われています。

これを単純に計算して
「生涯貰える年金額」-「生涯必要額」とすると
※「生涯もらえる年金」は平均額(20万円)で出しています。

「20万円☓12ヶ月☓22年=5280万円」-「24万円☓12ヶ月☓22年=6,336万円
「20万円☓12ヶ月☓22年=5280万円」ー「30万円☓12ヶ月☓22年=7,920万円

不足分は
最低限生活で1,100万円程、ゆとり生活で2,600万円程になります。

こういうことから
老後の貯蓄は2,000万円必要という話が出てきたのかもしれません。

しかしこれは65歳以上は働かなくて、年金の収入だけで生活するときの計算になります。

もし、夫80歳まで、妻75歳まで働いたらどうなるでしょう。

夫の年収(年金以外に150万円として)
150万円✕15年=2,250万円

妻の年収(年金以外60万円として)
60万円✕10年=600万円

2250万円+600万円=2,850万円
二人合わせて3,000万円ほどを稼げるということになります。

一気に不足分は無くなってしまいます。

老後でも若い人のように、貯蓄がなくても生きていけるいう事になもるのです。

商売をしている方や、私の両親みたいな農家の人は、生涯現役で働いている人も多いです。
 

生涯賃金を増やすために健康は必須

歩いている夫婦
ここで問題なのです!

これを可能にするには、ずっと健康で働き続ける体力が必要ということです。

健康で働けたおかげで
上記の約3,000万円の資産を作り出せたと言う事です。
 

「健康=人的資産とは」
一般的に人的資産とは人脈や知識・ノウハウ・能力等、またそれらを持っている人と言う事だと思います。
しかし、自分の持っている健康も立派な「人的資産」だと思います。

そうなると不健康で、さらに病院代がかかるような人は、人的資産がマイナスになってしまうという事になります。

「健康は資産」です。

現金も大切ですが、健康という資産もとても大切だと思ってください。

その為に日々努力をしていただきたいと思います。

そして健康なうちから自分の身体に投資をしてほしいのです。

当院はそのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

 
=================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」
https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)
TEL 048-831-7746

営業時間:9:00~18:00
定休日:毎週水曜日、第1・3・5木曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日6名様限定>
「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=================