施術の流れ

整体

問診表を記入していただきます 1、問診表記入

まず問診票を書いていただきます。
現在のおつらい状況などを詳しく書いてください。

 

 

足湯の間に問診を行います 2、足湯・問診

足湯をしていただきながら、書いていただいた問診票にそって、現在の状況をさらに詳しくお聞きします。

まず身体の歪みを検査します 3、検査

施術の前に身体全体の歪みやコリをチェックします。

全体的な施術を行います 4、施術(全体)

まず最初に身体全体を緩め、全体のバランスを調整します。

特にお辛い部分の施術を行います 5、施術(部分)

全体のバランスを整えて、腰・肩・膝などの部分的な箇所の施術を行います。

身体の状態の説明とセルフケアについて 6、身体の説明・セルフケア

施術が終わったら、身体の状態と自宅でできるケア等にについて説明させていただきます。

最後にお茶を飲んでくつろいでください 7、一息

その後お茶を飲んでいただきながら少し歓談です。
とってもいい笑顔ですね。

ページトップへ戻る

 
 

経絡整体  (整体に次の経絡セラピーが加わります)

手術の経験がある方、キズがある方、骨格の歪みが気になる方は最初こちらをお勧めします。

経絡の測定を行います 1、経絡の測定

心理・経絡セラピーSV-1の機器を用いて12経絡の全てを測定し、どこの経絡の流れ(気の流れ)が滞っているのかを測定します。

経絡は「気」の通り道と言われ、この気の流れが東洋医学ではとても健康にとって大切だと言われ、実際に体調不良を訴えられる方がいらっしゃいます。

経絡セラピーを行います 2、経絡セラピー

滞っている(「気」の流れが悪い)経絡を探したら、活性化するための施術を行います。

人にもよりますが一回で気の流れが活性化する方もいらっしゃいます。目で変化を確認できるようになっていますので違いを確認していただけます。

整体の【2、足湯・問診】と【3、検査の間に経絡測定と経絡セラピーが入ります。

ページトップへ戻る

 
 

心身整体  (経絡整体に感情セラピー・EFTが加わります)

2010年1月撮影院内 002 1、感情セラピー

心理経絡セラピー機器SV-1で現在持っているネガティブな感情を測定します。そのネガティブな感情を消去するためのセラピーです。

 

 

EFTを行います 2、EFT

過去のトラウマやショックな出来事などのネガティブな感情が、現在の自分を苦しめていることがあります。そのようなネガティブな感情を開放し、過去を変えることで現在の苦しみをり取り除く手法です。

経絡整体の後に感情セラピー・EFTを行い、最後に整体の施術に入っていきます。

ページトップへ戻る