自律神経失調症

一口に「自律神経失調症状」といっても人それぞれにさまざまな症状があります。

しかし、症状を一つ一つ追ってその都度専門の病院を探し回ってしまう行為は、さらに深みはまることにもなってしまいます。(私自身が経験済み)

詳しくは「私が開院した理由」をご覧ください

自分自身の治ろうとする力である「自己治癒力」さえ向上させることができれば、
自律神経のバランスも整い、全ての症状が一気に改善されると考えてください。

当院ではこのような「自己治癒力」を向上させるための施術を行なっています。

  1. 自律神経失調症とは
  2. 自律神経失調症の症状
  3. 自律神経失調症の一般的な考え方と治療法
  4. 自律神経失調症の違う方面からの考え方
    1. 病態への流れ
    2. 健康体への流れ
  5. 私が自律神経失調症を克服したきっかけは代替医療
  6. 当院の自律神経失調症の施術方法
  7. 自律神経失調症の改善で当院が選ばれる理由
  8. 関連記事
  9. お客様の声
    1. 自律神経失調症の様々な不調が薬を使わず整体で健康的にN様 30歳(女性) 会社員
    2. 自律神経の乱れとパニック障害が整体で普通の感覚にkaerukun様 28歳(女性) 無職
    3. 根気よくアプローチしてくれる 高橋様 23歳(女性) 専門職
    4. 全身倦怠感ややる気のなさが改善し心と身体が浄化されているA・S様 30歳(女性) 福祉関係
    5. こんなに柔らかくて大丈夫なの?  T・S様 37歳(女性)
    6. 内科に掛かっても治らなかった胃の不調・慢性的な吐き気が改善T・D様 36歳(男性) SE
    7. 精神的に救っていただきました  ミニー様 31歳(女性) 会社員
    8. 毎回心も身体もスッキリ  オカノ様 37歳(女性) 主婦
    9. 不眠・めまい・しびれ・動機などあらゆる不調での不安が安心へY.T様 46歳(女性) 会社員
    10. 心身整体で心も身体も癒されました  ノリコ様 ??(女性) ??
    11. 自律神経失調症が改善し元気に・・・ K.W様 27歳(女性) 主婦
  10. お問い合わせなども気軽にご連絡ください
    1. 電話でのご予約は
    2. インターネットでのご予約は
 

自律神経失調症とは

自律神経
「自律神経失調症状」とは、簡単に言うと「自律神経のバランス」が崩れているためにおきる、身体の様々な不調ということになります。

普通に使われる「自律神経失調症」とは、
身体に不調があって病院で血液検査やレントゲンなどで検査をしても、臓器や器官等どこにも異常が見当たらないため、止むを得ず付けられる病名ということになりますが、正式な病名ではありません。

肉体的な異常が見受けられないということで、精神的な疾患と考えられることも多く、うつ病との違いが分かりにくいとも言われているようです。

このようなことから自律神経失調症状の位置関係をみてみると、健康と病気の間に位置し、心と身体の間に位置しているのが「自律神経失調症」という考え方も出来ます。

あまり深刻に考えても仕方がないし、何もしなければ本当の病気にまで発展してしまうこともある、非常に微妙な位置にいる状態ということでしょうか。

あまりしつこく不調を訴えると、気のせいだとか心療内科を受診してみませんか、と言われてガックリしてしまったという経験をされた方も多いことでしょう。

症状としては、腰痛や肩こり等の筋肉的なものから、内臓的なもの精神的なものまで全身に及びます。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症で悩む女性


主な症状としては以下のような症状があります。

【全身】
微熱、だるい、倦怠感、疲れやすい、疲労感、力が入らない、起きられない、冷や汗、震え・・・等

【筋肉・関節】
首・肩・背中のこりや痛み、首の張り、手足の痛み、全身の筋肉の痛み、関節の痛み、関節のだるさ・・・等

【内臓・器官】
頭痛・偏頭痛、ドライアイ、耳鳴り、味覚異常、動悸、息切れ、めまい、全身の冷え、 のぼせ・ほてり、高血圧、低血圧、不整脈、過敏性腸症候群、食欲不振、過食、拒食 、 吐き気、腹部膨満感、胃の不快感、息苦しい、頻尿、インポテンツ、生理不順・・・等

【精神的症状】
意欲が湧かない、いらいらする、怒りっぽくなる、集中力がなくなる、不安になる、落ち込む、すぐ悲しくなる・・・等

症状について詳しくはコチラもご参照ください。
「自律神経失調症の心と身体の様々な症状」

自律神経失調症の一般的な考え方と治療法

通常の西洋医学的(病院)には、体の不調は単体の臓器や器官で起きたようなことになっています。

身体の調子が悪いということで病院へ行くと、どこか身体の中に異常な個所があるはずだということで、とにかく検査から入ります。

どこが悪いのか血液からレントゲン、MRIと、とにかくどこか異常が見つかるまで検査していきます。

そして異常な箇所が見つかると、その部分の影響で身体に不調が起きているからその部分を手術で切除するか、投薬で抑えようとします。

どこにも異常が見つからないのに体調が悪い場合につけられるのが、自律神経失調症ではないでしょうか。

そしてあまりしつこく食い下がると、気のせいでしょう、心療内科を受診してみたらいかがでしょう、ということになるのが通常のようです。

しかし違う考え方もあります。

自律神経失調症の違う方面からの考え方

しかし身体の臓器や器官が勝手に悪くなるという考え方には、少し無理があると思いませんか。(感染症は別です)

全体的な身体は何も異常を感じていないのに、胃腸や心臓や肝臓・腎臓などが勝手にその箇所だけ(その細胞だけ)が悪くなるという考え方には少し無理があるということです。

身体が何かのストレスを感じて全体の身体に異常が現れ、血液やリンパ液の流れが滞ったり、ホルモンや自律神経のバランスが乱れ、それを放置していた結果として身体の中(内臓系)にまで異常が到達してしまった、という考え方ほうが理論に無理がないように思います。

つまり、まず最初に身体全体の運動系にそれまでと違って、動かしにくい箇所や突っ張り感・違和感などが現れてくるということです。
(骨格の歪みやコリが現れる)

それを放置していた結果、食欲がない・夜眠れない・疲れやすいなどの感覚の異常が出てきます。

上下の症状の総称が「自律神経失調症」

さらに放置していると今度は便秘・下痢や高血圧・めまいなどの機能的な異常へと向かいます。

そして最後にはとうとう身体の内部にまで異常が現れて、ガンや脳卒中・心筋梗塞などの病気へと発展してしまうという考え方です。

すなわち西洋医学的な考え方と順序が逆ということで、

健康体から病体への流れは
身体全体の違和感を放置していた結果、各臓器の病気へ進展

病体から健康体への流れは
身体全体の違和感を回復させることで、各臓器も回復に向かう

ということになります。

その流れを図で表現しますと次の図のようになります。

健康体・病体のサイクル

【解説】
 

病態への流れ

(読みたい人だけ読んでください、結構くどいです)

(図の2.~3.の流れ)
ストレスとは精神的なもの、肉低的なもの、環境的なもの(生活環境・住環境など)など色々ありますが、このようなものが作用してまず全体的な身体が正体から歪体へ傾きます。

これが最初のサインであり、腰痛・肩こり・背中のハリ等の身体的な異常として現れ、運動系に異状が現れます。

(右回り、図の4.へ)
この状態ですぐに対処すれば早めに健康体へと戻っていくのですが、対処しなければ身体が歪むことで血流の悪化・神経の圧迫・リンパ管の圧迫などを引き起こします。

このような状況になると身体が重かったり、疲れやすくなったり、様々な身体の不調が出てきます。

(右回り図の5.へ)
血流・神経・リンパ管などが圧迫される状態が続けば、ホルモンや自律神経の伝達にも異常を与え、次は不定愁訴と言われる身体の違和感や血圧など数値の変化が現れてきます。

(右回り図の6.へ)
このときはまだレントゲンにも現れていない程度で、原因不明の不調と言うことになります。しかしこれを又放置していると今度は臓器や器官の損傷が起きてきて病院のレントゲンでも明らかに分かるようになり、病気の発症と診断されてしまうということになります。

自律神経失調症状とは上図の「4、感覚の異常」、から「5、機能的な異常」
辺りのレベルにいる状態、つまり病気と判断される一歩手前の状態ということだと考えています。
 

健康体への流れ

上図のように何かのストレスで全体的な身体が歪み、臓器や器官の損傷へと発展して行ったと考えれば、この順序を逆にしてやれば改善するということになります。

まずストレスの原因をきちんと探さなければなりません。

しかし現実の施術としてはまず身体が歪んで行ったことで、徐々に機能低下が起きていった訳ですから、歪んだ身体(歪体)から歪みのない身体(正体)へ戻してやることが先決となります。

血液の流れやリンパ液の流れ、神経などが身体の歪みや筋肉の緊張により、圧迫されて滞っていることが部分的な異常の原因だとすれば、まずこのことを改善させることが先決です。(左回り図3.~4.)

この歪体を正体へ導く、筋肉の緊張を和らげるのに整体が大活躍します。

整体で歪んだ身体を正し、筋肉の緊張を和らげることで、腰痛や肩こり等の身体の痛みが改善し、それまで圧迫されていた血流や神経・リンパの流れが良くなることでホルモンや自律神経のバランスが整ってきます。

ホルモンや自律神経のバランスが整うことで、不定愁訴も改善されてきます。
(左回り図の4.~5.)

このようにして身体のさまざまな機能が回復して内部にあった異常個所も改善され、元の健康体へもどっていくということになります。
(左回り図の6.~1.)

私が自律神経失調症を克服したきっかけは代替医療

代替医療


私も20代後半に自律神経失調症になり苦しんだ一人です。

食事が喉を通らず60㎏あった体重は半年ほどで40㎏代まで減ってしまいました。

もう人生だめかもしれないと一番弱気になっていた頃です。

藁をもつかむ思いでした。

最初は大半の人がそうであるように、私もせっせと病院に通いました。

具合が悪くなるとしょっちゅう病院に行っていたものです。

病院で様々な検査をしたり、大量の薬を飲まされたり・・・

現在のように「心療内科」が繁盛していたら私も診療内科へ送られて、脳をコントロールする薬を飲まされていたことでしょう。

しかし幸いなことに当時は、「心療内科」は今ほど流行っていなかったので、脳をコントロールする薬は飲まされなくて助かりました。

しかしどこにも異常がないと言われながらも、大量の薬は飲まされていました。

そのころ、検査しても異常がないのに大量の薬を出す病院の姿勢に疑問を抱き、病気について猛勉強をし始めたのです。

病気に関する本を読み漁りました。

本屋の病気の本を見ると、読まなくていい本(本物ではない本)が分かるまでに読みこんでいました。

その時に出会ったのが「自然治癒力」でした。

「自然治癒力」さえ元に戻れば私は治るんだ!という自信が生まれたのです。

これが分かってから、「自然治癒力」を減退させる薬を全てゴミ箱に捨て、病院での治療を断念しました。

病院では「自律神経失調症」は治せない、と悟った瞬間です。

それから「代替療法」に活路を見いだし様々な「代替医療」を試しました。

※代替療法とは:
西洋医学以外の療法、保険適用以外の療法だと思っていただければわかりやすいです。
整体、カウンセリング、ハーブ療法、ホメオパシー、漢方、アーユルベーダー・・・等多数あります。詳しくはこちらをご覧ください

その過程で病気の本質が分かってきたのです。

病気の本質は筋肉疲労(筋肉のコリ)であり、精神的な問題が大きく関わっていることも分かってきました。

心の問題は瞑想をしたり、何度も自分に言い聞かせたり、ネガティブな感情を心の中から無くしていくことを心掛けました。

筋肉の問題は整体や鍼で緩めてもらいました。

そうこうしているうちにやせ細っていた体は徐々に元に戻り、体調も良くなってきたのです。
(とはいっても現在もずっと痩せてはいますが・・・)

現在は年齢以上に元気だと思っています。

何と高齢者でありながら現在人生で一番身長が高くなりました。

当院の施術はこういう私の体験に基づいて体系付けられています。

克服したきっかけについて詳しくはコチラもご参照ください。
「私が自律神経失調症を克服したきっかけ」

当院の自律神経失調症の施術方法

当院の施術風景


このような時は背中や腰・肩などの筋肉に緊張が見られ、脊椎や骨盤などにも歪みが見られます。

その身体の歪みを整体で一つ一つ修正して筋肉の緊張をほぐしていきます。

そうすることで、血流が回復してホルモンバランスが良くなり、圧迫されていたリンパの流れや自律神経も解放されてバランスが調整されることになります。

そのことで本来の元の状態に戻ろうとする「自然治癒力」が目覚め、臓器はストレスから開放されて、本来の働きを少しずつ取り戻してくると考えています。

また自律神経失調症状の場合は、精神的なストレスの比重が大きいと考えられますので、心と身体は一体であるという考え方から、心の問題もケアしていくことになります。

恐怖心や過去のトラウマ・ショック、虐待やいじめ、劣等感、両親との確執、現在の職場や家庭内のストレス、等の感情が現実に身体に影響を与えている場合が多いのです。

この心の問題を放置したまま肉体だけを施術しても、根本からの改善は難しいと考えています。

「心理・経絡セラピー」の「感情レメディセラピー」や「EFT」で心の開放を行います。

※「心理経・絡セラピー機器SV-1」とは
経絡を測定し、弱い経絡に対して「経絡セラピー」までできる機器のことです。
あまり日本には存在しません。
「心理経絡セラピー」・「EFT」について詳しくはコチラをご覧ください。
・「スピリチュアルな施術をご希望の方へ」
・「感情解放テクニック「EFT」とは」

 

また全体に流れる生体エネルギー=「気」の通り道であるといわれる東洋医学上の経絡は、自然治癒力にとって大変重要だと考えていますので、経絡セラピーで弱っている経絡を活性化させます。

このような一連の施術を行うことで薬や手術ではなく、自分の元に戻ろうとする自然治癒力が発揮され、自律神経の失調による不調を自らの力で改善するということになっていくのです。

原因のストレスの中には、まだあまり騒がれていないようなジオパシックストレスや、スピン偏極・霊障・薬害・経皮毒・食品添加物・残留農薬などさまざまな物が作用していることがありますので、さらに色々な角度から特定していくことも重要になってきます。

 

自律神経失調症の改善で当院が選ばれる理由

<理由1、>
初めての方へでもご紹介させていただいていますが院長自らが、自律神経失調症状を長く患いさまざまな代替療法を自分の身体で実体験しながら、改善させた実績があるということです。

<理由2、>
自律神経失調症状には経験上心と身体を同時にケアしなければ、なかなか良い結果がみられませんが、ウェルネスではこれを同時にケアが出来るところです。

<理由3、>
自律神経の失調には電磁波や地場・経費毒・住環境などが密接に関係していることがありますが、その方面からのアドバイスも出来る点です。
また、自宅で出来る自己療法、その人に合った他の代替療法などのアドバイスも出来る点です。

 

関連記事

「自律神経失調症の特効薬はありません」

 
「自律神経失調症は何科を受診すればいい?」

 
「自律神経失調症とうつとの違いを分かりやすく解説」

 
「自律神経失調症と更年期障害の違いと改善法」

 
「自律神経失調症がなぜ整体で改善するのか」

 
「自律神経失調症はどんな人がなりやすい?」

 
「季節の変わり目に起きる自律神経失調症の症状」

 

お客様の声

自律神経失調症の様々な不調が薬を使わず整体で健康的にN様 30歳(女性) 会社員

 

<どんなことでお悩みでしたか?>
自律神経失調症による様々な体調不良。

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
心身共に不調でしたが薬を使わず整体で健康的に治すことが出来たのも先生のおかげです。

先生のステキなお人柄に本当に助けられました。

先生はいつも元気で通うたびにこちらも元気をいただけて楽しく整体を受けられました。

体と心は繋がっていることを学び、健康面だけでなく生き方、考え方なども勉強になりました。

心身の不調で悩まれている方はぜひウェルネスで先生の施術を受けていただきたいです。

きっと良くなると思います!!

当院を漢字一文字で表すと

「感」感謝・感動

先生とのご縁に感謝です。ウェルネスに通いさらに元気になりました。先生の整体に感動です。ありがとうございます!!

自律神経の乱れとパニック障害が整体で普通の感覚にkaerukun様 28歳(女性) 無職

 

<どんなことでお悩みでしたか?>
自律神経の乱れ(不安感・めまい)肩こり

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
2年前にパニック障害と診断され、薬を使わずに治そうと思いいろいろ調べていたところ先生と出会いました。

通って1年になりますが少しずつ「普通」だと思っていた感覚が戻ってきているように思います。

整体もそうですが、経絡を通してもらうと調子が良い感じがします。

当院を漢字一文字で表すと

「再」

先生の施術を受け少しずつ私の細胞が生き返ってきている感じがします。

根気よくアプローチしてくれる 高橋様 23歳(女性) 専門職

 

<どんなことでお悩みでしたか?>
デスクワークによる肩こり、肩甲骨の痛み、ひじの痛み、自律神経失調症

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
・時間をかけてくれる(一人何分などと決めていない)
・他の部位にもコリや歪みがあることを発掘してくれる
・コリが重傷な人にもあきらめずに根気よくコリにアプローチしてくれる
・無痛整体でないが、その分効く

当院を漢字一文字で表すと

「痛」

私は凝りが本当に重症だったので、ものすごく痛い時もありましたが、耐えればその後確実にコリが減っているのが実感できます。

全身倦怠感ややる気のなさが改善し心と身体が浄化されているA・S様 30歳(女性) 福祉関係

 

<どんなことでお悩みでしたか?>
常に全身倦怠感があり、何をするにもやる気が起きず、前向きになれなかったこと

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
通い始めてすぐに先生の信頼できる施術と人生経験豊富な話術(笑)により、体も心もすぐなじむことが出来ました。

以前に通っていたところとは一クセも二クセもありますが(笑)、逆に通っているうちに良い意味で裏切られ、通っていて良かったと必ず体と心が思えるようになると思います。

当院を漢字一文字で表すと

「浄」

通っているうちに心も身体も両方ケアされ浄化されている気がしたからです。

こんなに柔らかくて大丈夫なの?  T・S様 37歳(女性)

 

<どんなことでお悩みでしたか?>
肩こり、首コリ、顎関節症、冷え性、低血圧、など

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
うまく言えないのですが、針金で固定されていたところがなくなったように首筋が柔らかくなりました。同じように太もも辺りの痛みと張った感じも無くなり、こんなにやわらかくて大丈夫なのかと思うくらいでびっくりしました。

当院を漢字一文字で表すと

「驚」

今まで感じていた張った感じも無くなり、柔らかくなった自分の身体に驚きました。

内科に掛かっても治らなかった胃の不調・慢性的な吐き気が改善T・D様 36歳(男性) SE

 

<どんなことでお悩みでしたか?>
胃の不調・慢性的な吐き気

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
内科にかかりましたがなかなか治らず、どうにも悩んでいたところネットでウェルネスを見つけました。

薬に頼らず人間の持つ自己治癒力に働きかけ治していくというアプローチが良かったです。

一般的な整体のイメージは関節をバキバキ鳴らして行うイメージを持っていましたが、先生の療法は凝り固まった筋肉をほぐすことで身体の歪みを治し血流を良くするという点が良かったです。

当院を漢字一文字で表すと

「活」

活力が湧いてきました!

精神的に救っていただきました  ミニー様 31歳(女性) 会社員

 

<どんなことでお悩みでしたか?>
背中の痛み・精神的な不調

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
心身整体を受けてから体調を崩すことがほぼなくなりました。

精神的なものかもしれないと思っていても自分ではどうしようもできないことだったので、救っていただきました。

自宅でできることも教えてもらえるので自分でも頑張れます。

当院を漢字一文字で表すと

「救」

考え方が変わり生きるのが少し楽になりました。

毎回心も身体もスッキリ  オカノ様 37歳(女性) 主婦

 

<どんなことでお悩みでしたか?>
精神的・身体の疲労

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
終わった後は毎回心も身体もスッキリしています。
足取りも軽くなり、施術後は生き生きしています。

当院を漢字一文字で表すと

「喜」

通院することが楽しみで、心も身体も施術後私自身が喜びに結びついているから。

不眠・めまい・しびれ・動機などあらゆる不調での不安が安心へY.T様 46歳(女性) 会社員

 

<どんなことでお悩みでしたか?>
不眠・めまい・しびれ・動機・不安・あらゆる不調に悩まされていました。
どこの病院でも異常無しの診断で不安だらけでした。

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
いつ伺っても優しく楽しくリラックスできます。

インターネットで見つけ整体は初めてですが、大当たりだと思います。

通い始めて1年半ですが、ずっとお世話になるつもりです。今後ともよろしくお願いします。

当院を漢字一文字で表すと

「安」

初回先生に「とにかく心配しないで大丈夫だから」と言われて本当に安心しました。

心身整体で心も身体も癒されました  ノリコ様 ??(女性) ??

 

心身整体をしていただきました。

心も身体もとても疲れていましたが先生が優しく丁寧に施術してくださり良かったです。

当院を漢字一文字で表すと

「癒」

とても癒されました。

自律神経失調症が改善し元気に・・・ K.W様 27歳(女性) 主婦

自律神経失調症が改善し元気に

自律神経失調症で約2年前から体調が悪くなりウェルネスでお世話になりました。

薬に頼るのが嫌な私には整体やEFTでの治療は本当に合っていると思います。

一回整体をやってもらっただけで不眠症がよくなり、体も調子がいいです。通うごとに体調が良くなってくるのがわかります。

私自身びっくりしていますが、一番びっくりしているのは家族です。ウェルネスに通う前と比べて元気になったし、食欲も出てきて、どこかへ出かけたり色んなことへ精力的になりました。

先生の人柄も優しくてとても話しやすいです。

お問い合わせなども気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

電話予約

インターネットでのご予約は

予約フォーム

≪初めてのお客様へ≫
土・日のご予約の場合は数週間お待ちいただく場合がありますので早めにご予約ください。
また平日の場合もご希望の時間がある場合は余裕をもってご予約ください。