うつ症状の薬に頼らない考え方・改善法


一般的にうつ症状の方は抗うつ薬を処方されている方が多いのではないでしょうか。

この方法は脳に原因を求めています。(脳の病気)

このような薬は神経伝達物質をコントロールしようというものです。

しかし、本当の原因は脳ではなく身体にあった!としたら驚かれるでしょうか?

抗うつ薬などに頼りたくない!と様々な改善法を摸索されている方はご相談ください。

どうして長年うつ病を発症して苦しまれていた方が、精神障害者手帳を返上して元気に働けるようになられたのか、その考え方や方法を書いています。

うつとは

誰でも仕事上のミスや失恋、家族関係などで気分が落ち込むことがあります。
しかし、たいていの場合は、数日で回復して「また頑張ろう」という気持ちが湧いてきます。

この場合、ショックが大きいとなかなか立ち直れない場合などがありますが、これは原因が特定できているので通常はうつとは言いません。

ところが、いつまでも気分が優うつで元気が出ない状態が続く場合や、特定の原因がないまま憂うつな状態がつづく場合を「うつ状態」と言っています。

このうつ状態が長引いて物事を決められなくなったり、実行できなくなったりして、日常生活に支障が出てくるようになった状態のことを「うつ病」と呼んでいるようですが、その境目はあいまいです。

最近流行の非定型うつ病(プチうつ・現在型うつ)は厳密にはうつ病に入らない、と主張している医者も多いのですが、最近では特にこちらの方がクローズアップされているきらいもあります。

うつの原因はまだ特定されていませんが、西洋医学的にはセロトニンが不足して起こるという説が有力になっているようです。

セロトニンとは脳内の神経伝達物質のひとつで、必須アミノ酸であるトリプトファンの代謝過程で生成されるものです。

ほかの神経伝達物質であるドーパミン(喜び、快楽)、ノルアドレナリン(恐れ、驚き)などの情報をコントロールし、精神を安定させる作用がある物質ということです。

セロトニンが不足すると感情にブレーキがかかりにくくなるため、快楽から抜け出せずに依存症に陥ったり、うつ病になりやすくなるという考え方のようです。

ページトップへ戻る

 

うつの症状は様々です

うつの症状は心と身体の両方に現れます。

これは心と身体は繋がっているという考え方からでも容易に理解できるところです。

身体の不調を訴えて内科などで検査しても異常が見つからず、その後心療内科を受診するというようなことも珍しくないようです。
 

心・精神的症状

【抑うつ気分】
気分が落ち込む 、憂鬱 、悲しい気持ちになる 、なんの希望も持てない

【思考力の低下】
集中力の低下、仕事の能率が落ちる、 些細な決断ができない、注意力散漫になる、人の言うことがすぐに理解できない。

【意欲の低下】
やる気が出ない、話すのが面倒、世の中がつまらない、何をするのも億劫、何を見ても面白くない、自分のことに関心がわかない、不安感や焦燥感におそわれる、毎日の生活に張りが感じられない。

 

身体的症状

睡眠異常】
眠れない、夜中に何度も目を覚ます、早朝に目が覚める、寝た気がしない

【疲労・倦怠感】
身体がだるい 、疲れやすい、疲れがとれない、身体が重い感じ

【食欲の低下】
食欲がない、食べるのが億劫、何を食べてもおいしくない、体重の異常減少

【ホルモン系の異常】
生理不順、性欲の低下、勃起障害

【その他の症状】
頭痛・頭重感、肩・背中・間接などの痛み、便秘や下痢、動悸、
胃の痛み、異常発汗、息苦しさ

ページトップへ戻る

 

どの状態からがうつなの?

どの状態からがうつなのか?
うつ病と診断されたり、うつ病だと思って病院に行っても違ったりすることがあると思います。

その基準はどうなっているのかと、疑問に思われている方も多いことでしょう。

うつの診断基準

病院ではアメリカ精神医学会の「DSN-5」とWHO(世界保健機関)の「ICD-10」を用いて診断をするようです。

一般的には「DSM-5」が用いられているとのこと。

うつ病診断基準で用いられる「DSM-5」とは

【病院のサイトから引用】 
1.ほとんど毎日、1日中、気持ちが落ち込んだり、ふさぎこんだ状態が続いている。
2.何に対しても興味や楽しみが持てない。
3.食欲がない、体重が減った。もしくは、食欲が常にあり、体重が増加した。
4.寝つけない。夜中に何度も目が、覚めたり、朝早くに目が覚めたりする。
5.話し方や動作が普段より遅くなった。もしくは、イライラして落ち着きがない。
6.いつもより疲れやすくなり、気力が低下している。
7.自分は価値のない人間だと感じる、人様に申し訳ないと自分を責めてばかりいる。
8.仕事や家事などの物事に集中できなくなった。
9.死ぬことを何度も考えたり、その計画を立てる。

上記の診断項目のうち該当する項目がいくつあるかで診断を行うとのこと。

医師は患者さんの話を聞いた後、すぐにDSM-5を見て「うつ病です」と診断するわけではなく、様々な検査をしたりお話を聞いたり、表情などを加味して診断をしてるそうですが、現実にはDSM-5だけで判断している医師も結構いるそうです。

どの段階からうつ病と呼ぶのか

上記の9つの項目のうち、1.か2.を含む5つ以上の症状が、1日中、ほとんど毎日、2週間にわたって続いている時に、うつ病の可能性が高いと医師は判断するようです。

しかし項目毎にその人の思いの強弱が存在すると思いますので、現実には難しい問題ではないでしょうか。

レントゲンやCT、MRIなどで分かるような病気ではないので、明確な線引きはできないというのが本当の所ではないかと思います。

うつ病なのか?、自律神経失調症なのか?、の違いも分かりにくいと言われています。

極論ですが本人がうつ病だと思えばうつ病だし、思わなければうつ病ではないとも言えるのではないでしょうか。

すみません!あまり結論になっていませんが・・・

 

病院での一般的なうつの治療法

薬による治療
うつで検索して、病院などのサイトで一様に言っていることは、

「うつ病というのは脳という臓器の病気だから薬を服用しなければいけません。」「放置しておくと自殺にまで及んでしまう怖い病気だからこそ治療が必要なのです。」「医師の指導の下にきちんとした治療を受けましょう。」

等とほとんど脅しともとれる様な書き方をされています。

しかしパキシルなどの薬は返って自殺願望や凶暴性を招いてしまうという研究データーもありますので注意が必要です。

また最近は内科や整形外科・小児科などから心療内科への看板替えも行われているそうです。

「心療内科」が儲かる、そういう時代だということです。

病院の看板替えをしっかりと見極めることも必要な時代になってきました。

受診してみたらカウンセリングはほとんどなく、ただ抗うつ剤や抗不安剤を処方されただけ・・・

わずか5分の診療で終わってしまう、とお話しされる方がほとんどです。

中には大量の薬を処方されてボロボロになっている方も実際にいらっしゃいます。

神経伝達物質であるセロトニンの不足が原因とするのが「セロトニン仮説」です。

西洋医学では今の所この考え方が主流になっています。

最近はこの理論の元、(SSRI)を中心に薬が処方されていることが多いようです。

このような薬は、最近攻撃性や自殺願望などの副作用を声高に唱えている医者や薬剤師も出てきています。

しかし日本では今の所大きな問題とされていないのが現状です。

きちんと時間を取ってカウンセリングをしながら、なるべく薬も処方しないという、

患者さん側を向いた心療内科もあるようですが、

大半は上記のような抗うつ剤を何種類もただ処方されているだけ、というのがどうも実体のようです。

また非定型うつ病(現在型うつ・プチうつ)にも、ただ単純に抗うつ剤が投与されているという話も聞きます。

ページトップへ戻る

 

うつに対する違う考え方


果たして「うつ」というのは本当にセロトニンという物質が不足している為に起きている現象なのでしょうか。

このような考え方は実まだ証明されたものではなく、本当はまだ仮説にしか過ぎないのです。

西洋医学の医者の中にもセロトニン説を否定している人達も多く存在しています。

このような考え方ではなく違うような仮説を唱えている人達もいます。

うつの状態とは、脳に行く生体電流や血流が滞ることによって、脳が元気をなくしてショートしている状態と考えるのです。

私達の身体には常に微弱な電流が流れています。そして脳が一番電気を使うところでもあるのです。

また血液や酸素にしても身体の中で脳が一番多く使う臓器でもあります。

私たちは生きていれば様々な大小の精神的ストレスを受けることはあります。

しかし脳にきちんと生体電流や血流が補充されていればストレスに打ち勝ち、うつ症状にはなりにくいということです。

脳には目・耳・鼻・口・皮膚や全身からの大量の情報が常に送られておりそれを全て瞬時に処理をしなければなりません。

この脳にうまく生体電流や血液が行かなければ、通常なら処理できるようなこともショートしてしまい、うまく処理できなくなってしまいます。

脳と身体を繋ぐ生体電流・血液の通り道の要が首(頚椎)ということになります。

この首(頚椎)に異常があると生体電流や血流が途絶えてしまいますので、とても重要な箇所になります。

当院にうつで見えられる全てのお客様の首に、何らかの異常が見受けられます。

また、うつ症状の原因には、普通に言われている精神的なストレスだけではなく、ジオパシックストレス(電磁波・地磁気)、スピン偏極、霊障、カビ、薬害、運動不足、ミネラル不足・・・等さまざまものがあると考えられています。

ですから原因も何も特定しないまま、ただ抗うつ剤を処方している治療法には、とても疑問を感じてしまうのです。

ページトップへ戻る

 

当院のうつ症状の施術方法


当院では上記のような考え方を下に施術を行っていきます。

仮に神経伝達物質の不足が原因だとしても、なぜ脳の神経伝達物質に異常が起きてしまったのか?

それを解決しないでただ不足分を補うだけの方法では、根本からの解決には繋がりません。

一生薬を飲む羽目にもなってしまいます。

その影響は計り知れません。
(記憶障害・計算能力の減退・異常な筋反射・・・等)

当院では「心の問題は身体から・・・」と考えています。

ですから、脳に障害を与えるようになった身体のチェックから行います。

脳から全身へ全身から脳への経路である、首の頚椎は特に重要であると考えています。

この部分が滞ると脳がダメージを受けてしまい、様々な脳の障害が出てくると考えています。

更に首の歪みの原因と思われる、骨盤や脊柱の歪みもチャックしなければなりません。

歪みやコリがあった場合は修正が必要になりますので、整体で歪みやコリを調整していきます。

頚椎の歪みやコリが原因で、脳内に生体電流や血流の不足が生じているというのが当院のうつ症状に対する見解ですので、カウンセリングや投薬だけでは効果は薄いと考えています。

また、うつの症状が肉体にまで及んでしまっている場合、(睡眠障害、疲労・倦怠感、食欲低下、ホルモン異常、その他の諸症状。)カウンセリングなどで精神(心)の施術を行うだけでは、改善が遅れてしまいます。

やはり肉体も同時並行で改善して行かなければ、早期の改善は望めません。

さらに経絡(電流・気の通り道)が途絶えている可能性がありますので、経絡を修復して生体電流の流れを良くする経絡つなぎセラピーを行っていきます。

※経絡つなぎセラピーとは:コチラを議ご覧ください

心には直接感情(心)に働きかけるEFTカウンセリング感情レメディセラピーを組み合わせていきます。

※EFTとは:コチラをご覧ください

このようなことで心と身体が同時に緩むことで本来の自然治癒力が覚醒し、自らの力で改善していくということになります。

さらに住環境、生活習慣などもアドバイスさせていただいています。

薬ではなく自力で改善したいとお考えの方は是非ご相談ください。

 

関連記事

「NHKスペシャルうつ病治療常識が変わる」の本を読んで

 
精神科・心療内科の医師選びがとても大切

 
日本における心理療法の立ちはだかる大きな壁

 
うつ病患者がすでに100万人を突破

 
うつ病は本当に脳という臓器の病気なのか

 
精神科と心療内科の違いが現実的には曖昧

 
睡眠不足の全てがうつ病の兆候ではない

 

お客様の声

お客様の声

精神的に不安定で薬が増えるばかり  y様 48歳(女性) 会社員

精神的に不安定で薬が増えるばかり

<どんなことでお悩みでしたか?>
精神的に不安定で薬を飲んでも薬が増えるばかりで悩んでいました

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
心身整体を受けたのですが1回受けて何かが変わったと感じ、2回目ではっきりわかるほど気持ちが前向きに、調子も良くなってきました。

4回受けたのですが、1カ月も経っていないのに薬を減らしていけてます。

当院を漢字一文字で表すと

「楽」

心と身体を楽にしてくれ先生も楽しいからです。(笑)

 

ここに来ると気持ちが落ち着きます  たかし様 56歳(男性) 会社員

ここに来ると気持ちが落ち着きます

<どんなことでお悩みでしたか?>
うつ病を発症してしまい心療内科に通院していましたが、再発してしまうので病気の改善をどうすべきか悩んでいました。

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
精神疾患の対応について良く心得ていらっしゃる先生だと思います。

ここに来ると気持ちが落ち着きます。不調の時でも色々声をかけていただけるので助けになります。

当院を漢字一文字で表すと

「楽」

気持ちが楽になりますし、楽しい気分で毎日を過ごしたいという気持ちも込めています。

 

毎回心も身体もスッキリ  オカノ様 37歳(女性) 主婦

毎回心も身体もスッキリ

<どんなことでお悩みでしたか?>
精神的・身体の疲労

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
終わった後は毎回心も身体もスッキリしています。
足取りも軽くなり、施術後は生き生きしています。

当院を漢字一文字で表すと

「喜」

通院することが楽しみで、心も身体も施術後私自身が喜びに結びついているから。

 

施術が丁寧で気持ちがこもっています  とっこ様 46歳(女性) パート

施術が丁寧で気持ちがこもっています

・話をじっくり聞いてくださるので調子が悪いことを思いっきり吐き出せるのがありがたいです。

・施術もとても丁寧で気持ちがこもっています。

・「必ず治ります」と言っていただけるのが心強いです。

当院を漢字一文字で表すと

「楽」

・通うのが楽しみ
・身体が楽になる

 

心身整体で心も身体も癒されました  ノリコ様 ??(女性) ??

心身整体で心も身体も癒されました

心身整体をしていただきました。

心も身体もとても疲れていましたが先生が優しく丁寧に施術してくださり良かったです。

当院を漢字一文字で表すと

「癒」

とても癒されました。

 

先生が細かく真摯に相談に乗ってくれる  ジョニー様 35歳(女性) 会社員

先生が細かく真摯に相談に乗ってくれる

○先生がとても話しやすい
○いろんな症状に先生が細かく真摯に相談に乗ってくれる。

当院を漢字一文字で表すと

「生」

○施術を受けて知らなかった症状を知ったりと新しい自分が生まれていると思うから。
○通いだして自分が生き生きしているから

 

おかげで親子関係が改善されました、魔法?  C.N様 34歳(女性) 会社員

おかげで親子関係が改善されました、魔法?

心身整体を受けました。
来院当初いくつかの心の負担が重なり、体は重く暑さや息苦しいことに過度の恐怖を持っていました。

精神科では軽く流されてしまったことを、先生は丁寧に聞いて下さり、自分の中で何が苦しかったのか見つけることができました。

とくにEFTでは苦しかったことが吐き出せて、泣いた分だけどんどん心が軽くなっていきました。
おかげで親子関係が改善されました。

本当に感謝です。身体も首・肩・腰・股関節と不調が多かったのですが、先生の手にかかるとあっという間に痛みが消えています。

魔法か?!いや、私が自分で治しているとのこと。
不思議です。不思議といえば水も。

もったいぶらないで新鮮なうちに飲むのがいいようですね。

当院を漢字一文字で表すと

「流」

全身に気が流れる。心の澱みが流れる。肉体のこりも流れる。
時には涙も・・・あれもこれも流れてスッキリ

 

先生の施術じゃないと1週間持ちません・・・  菅原様 34歳(男性) 会社員

先生の施術じゃないと1週間持ちません

先生の施術じゃないと1週間持ちません。

当院を漢字一文字で表すと

「加」

良い加減なので。

 

心療内科の薬でも成果出ず・・・ 臼木幸夫様 40代(男性) 会社員

心療内科の薬でも成果出ず

こちらの整体院にお世話になってから2カ月目となります。

私は仕事上のストレスから心身共に疲れてしまい、会社を休職することになってしまいました。こちらにお世話になる前の1ヶ月間は心療内科の医師から処方される薬で療養しましたが成果が出ず、会社の復職に一度は失敗してしまいました。

その時に妻がインターネットで検索して、こちらの整体院を予約してくれました。人生において整体やマッサージなどの経験が皆無であった私としては、最初は疑心暗鬼の上に嫌々でお世話になりました。

ところが、ココロのコリとカラダのコリは密接に関与しているという実体験上からのご説明や施術、そして先生のお人柄もあり、私の心身にまとわりついていた鎖のようなコリが解け始めたことを実感できました。

その後、毎週1回の通院が楽しみとなり、すっかりと元気を取り戻せました。おかげさまで、先日から会社への復帰も無事に果たせました。

今では私を紹介した妻が毎週のように整体に通っています。(笑い)先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。

今後は心身のメンテナンスでお世話になっていきたいと思っています。今後とも宜しくお願いします。

 

うつで休職から会社復帰へ・・・ U.F様 34歳(女性) 会社員

うつで休職から会社復帰へ

この度は夫婦でお世話になりました。
今家族が笑顔で元気に暮らしていのも先生と出会えたおかげと心から感謝しています。本当にありがとうございました。

主人がうつ症状で会社を休職していた頃にカウンセリングに二人で伺いました。初回は3~4時間じっくり丁寧に親身になって診ていただき、主人は大丈夫だなと確信できました。そして二人で感動してしまいました。

カウンセリングで乗り越えるべき課題が見えてきて、とても前向きに向き合うことが出来ました。
3~4回カウンセリングで主人は別人のように明るく元気になり、おかげさまで会社復帰することが出来ました。私も慢性の肩こりでお世話になっています。

身体の回復しようとする力自己治癒力には驚いています。行くたびに元気になっています。

これからも心身ともに元気になりたいので先生よろしくお願いします。

ページトップへ戻る

 

お問わ合わせなども気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

電話予約

インターネットでのご予約は

予約フォーム

≪初めてのお客様へ≫
土・日のご予約の場合は数週間お待ちいただく場合がありますので、早めにご予約ください。また平日の場合もご希望の時間がある場合は早めにご予約ください。