精神科と心療内科の違いが現実的には曖昧

精神科と心療内科の違い
精神科と心療内科の違いが分かりますか?
 

精神科と心療内科の違いとは

精神異常をきたしているのが「精神科」で、心の病は「心療内科」というニュアンスがあると思います。

しかしよくよく調べてみると

「精神科」 : 精神疾患を精神面より医療を行うところ。

「心療内科」 : 内科領域、各科領域の身体疾患を心身両面から医療を行うところ。

となっています。
 

精神科の領域はADHDやうつ病、パニック障害、神経症、依存症・・・等
心療内科の領域は心の傷のために身体に障害が現れる全ての症状ということになります。

実際ドクターの人達もその違いがはっきり分からないのが実体のようです。

私もうつ病やパニック障害などは心療内科の領域だと思っていました。

現実に当院に見えられるお客様も、うつ病でで通われているところはほとんど「心療内科」です。

実際にそう思って心療内科を受診する人達が大半ではないでしょうか。

世の中の人達が勘違いしていて、医者がこれに合わせているのかもしれませんが・・・
 

診療内科の講座がある大学は少ない

実は全国に心療内科の講座を持っている大学は数校しかないそうです。

しかし、世の中に心療内科がどれほど多くあるか・・・

殆どはここの大学を出ていない医者や精神科医が、心療内科を掲げていると思って間違いないようです。

また精神科医以外の内科医や整形外科医、小児科医なども看板替えして、心療内科の看板を掲げて診療しているところもあるようです。

最近の現在社会を映す出だすように、心の病を抱えている人は年々増え続けていますので、美味しい領域なのかも会いれません。

精神科と心療内科の一般的なイメージが違う為にその集客力が違うようです。
(精神科はイメージ的に行きにくいが、心療内科なら行き易い)

建前は患者様が入りやすいように「心療内科」にしているとのことですが・・・
 

心療内科は心の専門と思う勘違い

固い医者
先ほどの勘違いではありませんが、心の病を抱えて話を聞いてくれると思って心療内科を受けたのに、精神科医や内科医の場合、心療内科の講座は受けていませんので、普通に薬を処方するだけになってしまいます。

話を聞いてもらえると思って行ったら、薬を渡されただけでがっかりして帰ってきたという人を多く知っています。

そのような人達は本当にかわいそうです。

勘違いしたほうが悪いのか、勘違いをさせた方が悪いのか、それに乗っかっているのが悪いのか・・・

もっとすっきりと分かりやすくしてほしいものです。

少なくとも一般の人達は心療内科はカウンセリングで、じっくり話を聞いてもらえると思っているのではないでしょうか。

しかし、
ほとんどの心療内科は実はカウンセリングはなく投薬だけということらしいです。

またカウンセリングは保険対象になっていません。

よくよく考えて行き先を選んでください。

また心の不調は「整体」という選択肢もあることも分かってくださいネ。

 
=================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」
https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)
TEL 048-831-7746

営業時間:9:00~18:00
定休日:毎週水曜日、第1・3・5木曜日
(土・日・祝日も営業しています)
<完全予約制 1日6名様限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=================