身体の冷えの原因である減塩と薬について

身体の冷え
身体の冷え(低体温)と免疫力には大きな関係があります。

体温が1度下がれば
代謝が12%下がり、免疫力が30%下がるといわれています。

今回は身体の冷えと減塩・薬の関係を見ていきたいと思います。

 

低体温と減塩の関係

減塩のウソ
塩分は身体を温める効果があるのはご存知でしょうか?

現在は塩は高血圧の敵として扱われています。

1日7~8g以下の摂取にしてください!、そうしないと血圧が上がってしまいます!

というように脅されてしまいます。

これも大きな意図が隠されていますがあえて割愛します。

これは遠い昔、秋田などの東北地方で多くの塩分を摂っていたことが、高血圧と大いに関係しているという論文からです。

もし昔の東北の人達が塩をとっていなかったら、血圧以外の病気でもっと早く亡くなっていたことでしょう。

寒い東北では塩を摂ることで身体を温めていたのです。

これだけ減塩が叫ばれても高血圧患者は減っていません。

減塩によって1日6g以下に抑えた高血圧の効果はほとんど得ていないのが現状です。

逆にガンや糖尿病などの、低体温で発生する病気が増えてしまっているのです。

これがとても重要なことです。
(彼らの計画通りなのかもしれませんが・・・)

また自然の塩には数十種類の豊富なミネラルが含まれています。

このミネラルが病気を防いでくれる栄養素にもなります

減塩運動の嘘をしっかり見抜いてください。

 

低体温と薬の関係

低体温と薬の関係
薬(西洋薬)はほとんど石油で作られていると言っても過言では無いでしょう。

身体にとって良いものか悪い物か?

身体にとって悪い物なら身体は硬直し血流は悪くなります。

一般的に薬を常時服用されているお客様は、当院でもなかなか筋肉が緩みません。

薬は血流を阻害する作用があると考えています。

特に解熱剤や痛み止めの鎮痛剤などは、血流を阻害することで効果を感じられるように作られています。

一生飲み続けなければならない薬はありません。

そのように洗脳されているだけです。
(ここにも彼らの大きな意図があります)

高血圧の薬も一生飲むように洗脳されますが、本来は高血圧の原因を取り除くことが先決です。

極力薬は飲まないようにしましょう。

我が家には一切の薬は置いていません。

・風邪は放置
・予防接種は一切やらない
・下痢・腹痛は腹巻か梅肉エキス
・傷や皮膚病はひまし油
・打身・打撲はひたすらがまん

私は現在、
一切の薬は飲んでいません、これからも飲まない方針です。

薬は身体にとって毒で、自己治癒力を減退させ、病気の原因にもなります。
 
 
=================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」

https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~18:00
定休日:毎週水曜日・第1・3・5木曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日6名様限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
================