健康で長生きするために(食材編ー農薬・化学肥料)

a1180_010194

一般的に皆さんが関心が高いのは前回の種の話ではなく
農薬や化学肥料についてではないでしょうか。

しかし実はF1種と農薬・化学肥料には大きな関係があるのです。

スーパーなどに出回っている野菜はほとんどF1種の野菜で
これには大量の農薬と化学肥料がセットになっているからです。

最近の野菜は以前より大量の農薬や化学肥料が使われています。

姿・形はいかにも消費者受けするように作られていますが、
在来種のような栄養素まではコピーされていません。

栄養価は在来種の数分の一しか含まれていないと言われています。

 

農薬

農薬の害はご存知の方も多いと思いますが
農家の人達の健康に大きく影響を与えてきました。

発がん性や急性中毒・慢性中毒などで長年農家の人達を
苦しめてきました。

現在の農薬は検査を重ね比較健康に害がないものを
使用するように規制されているとのことです。

しかし、その根拠は定かではありません。

安全安全と言われますが
虫を殺す薬がどれだけ人間にとって安全なのか疑わしいところです。

ある農家では
家で食べる野菜と出荷する野菜を分けている
という話を聞いたことがあります。

それだけ大量の農薬が野菜に噴霧されて残っている
ということなのではないでしょうか。

特にイチゴや葉物野菜などは直接農薬がかかりますので
しっかり洗わないと危険だと思います。

残留農薬は野菜や果物等だけではありません。

家畜が食べた牧草などの農薬が体内に残り
肉や牛乳として摂取していることも考えなければなりません。

 

化学肥料

化学肥料も問題です。

化学肥料とは自然界になく人工的に作られているもので
身体にとっては毒になるものです。

植物は本来根を張り土中から一生懸命養分を吸い上げようとします。

しかし目の前に化学肥料という養分があると
根を一生懸命伸ばして土中から養分巣吸い上げる必要がありません。

本来の土中にある養分ではなく、化学肥料を取り込むことで
十分大きくなれるからです。

このように土中の栄養素ではなく、化学的に作られた
栄養素を取り込んで育ってしまうのです。
a0002_002183
形は在来種に似ていますが、化学野菜の出来上がりです。
それを私たちは食べているということです。

これが身体にとって本当に良いと言えるでしょうか?

少ない量なら毒素を何とか体内に排出できるかもしれませんが、1年365日、それを〇〇年と続けていたらどうでしょう?

身体にそれなりの影響が出てくることは容易に想像できるところです。

硝酸態窒素の問題は発がん性があるということで有名な話です。

 

農薬・化学肥料の環境的な害

農薬や化学肥料は人体に影響を及ぼすばかりではありません。

地球環境や農地を汚染しています。

農地に巻かれた農薬や化学肥料は雨水に溶け、
河川に流れ込んだり将来的には地下水にも影響を与えてしまいます。

農地からも微生物が排除され自然の恵みがなくなってしまいます。

いずれ、もう何を植えても育たないという農地になってしまうでしょう。

原発のように、今だけ良ければ将来はどうでもいいという
発想がまかり通っているようで、怖いです。
(今の便利な生活を享受するために電気は必要ということで、
核廃棄物というゴミの最終的な処分は将来の人達に回されています)

将来を見据えた「農」をぜひ取り戻してほしいと願うばかりです。

 

安全な食材はどこで手に入れる?

本来は無農薬・無肥料というのが理想かもしれませんが、
現在社会ではそれを探すには大変な時間と労力が必要です。

農薬も化学肥料も使っていない食材を扱っているところは
ごく一部に限られてしまいます。

毎日の食事を考えたらとても難しいと思います。

低農薬野菜や有機野菜などを見つけたらいかがでしょう。

そういうことを大事にしているお店や
宅配などもありますので検討してみてください。

お勧めは前回の記事「食材ーF1種」に掲載しています。

農薬や化学肥料は安全だという説を少しだけ信じて
100%ではなくてもできるだけ防御するみたいな。

一番大切なことは、
そのことを解っているということだと思っています。
a0555_000082
そうすれば
少しでも安全な食材を・・・
安い!というのは何かある・・・
と考えるはずです。

現在社会ではベストはなかなか難しいです。
ベターでいいのではないでしょうか。

あまりこだわっても仕方がない、しかしこだわらなければ
健康を害してしまう・・・みたいな感じでしょうか。

なるべく農薬が少なく化学肥料もあまり使用しない、
そんな食材を探してみてください。

健康もそうですが、きっと美味しいです!

=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」

https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日6名様限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。

=======================