単なる不眠を不眠症にしないために

不眠症で悩む女性

単なる不眠を不眠症にしない

先日不眠について書きましたが、「不眠」を「不眠症」にしないようにしてください。

深刻に考えてしまうと「不眠症」になり深みにはまってしまいます。

・今日も眠れなかったらどうしよう
・毎日毎日疲れが取れない
・枕が悪いのかなあ
・夜になるのが怖い
・心療内科に行った方がいいかなあ
・睡眠薬を飲んだ方がいいかなあ

このように考え出すと、どんどん眠れなくなってしまいます。

ここまできてしまうと病院に行って相談すれば、立派な「不眠症」という病名をいただくことになってしまうでしょう。

そして睡眠薬をもらうことになってしまいます。

 

不眠は病気ではありません。

精神的にプレッシャーを感じていたり、心配事が続いていれば誰でも眠れなくなります。

それは眠る時間になっても、交感神経が緊張したままになっているからです。

交感神経の緊張を解いて副交感神経を優位にしてあげれば、理屈として眠れるはずです。

不眠を不眠症にしてしまう最大の原因は、眠れないことを深刻に考えすぎてしまうことです。

・1日7時間寝なければいけない
・寝ないと疲れが取れない
・寝れないと病気になってしまう

色々な常識が襲い掛かってきて心を乱します。

思えば思うほど眠らなければいいけないという、プレッシャーに身体は緊張してしまうのです。

心が乱れて緊張したら身体も同じように緊張します。

身体が緊張すると当然眠れません。

 

本当の睡眠の常識

人の眠る最良の時間はその人によって違うはずです。

あくまでも平均が7時間ということです。

人によっても違うし、年齢によっても違うはずです。

私の知っている人は毎日4時間ほどしか寝ていませんが、毎日健康で元気よく働いています。

また睡眠薬を飲んでいるお年寄りが多いのですが、年を取ったら当たり前に若い時よりも眠れなくなるはずです。

お年寄りは行動範囲も徐々に狭くなり体力を使いません。

また年齢と共に様々な箇所の筋肉が硬直していますので、当然眠れなくなってきます。

眠るのにも体力が要りますが、お年寄りは体力が減少しています。

当たり前の老化現象であるのに薬に手を出すのは間違っています。

私は鼻が悪いということもありますが、毎日夜中に何度も何度も目が覚めます。

寝付きが悪い人、眠りが浅い人、夜中に何度も起きる人、様々な人がいると思います。

それは私のように鼻が悪いとか、仕事のプレッシャや悩み事、働き過ぎなどで心や身体が緊張している等、何かの理由があるはずです。

薬に手を出す前にその原因を取り除いてください。

朝まで一度も起きずに眠れることのみを目指していたら、焦りもありだんだん気持ちがめげてきます。

個性だと思ってしまえば楽になります。

 

眠る方法

自律神経
眠る唯一の方法は眠ろうと努力をしないことです。

コツはこの心と交感神経の作用を利用することです。

自律神経は心と反対に出てしまう「天邪鬼」(アマノジャク)だと考えてください。

人前であがらないようにしようと思えば思うほど、緊張してあがってしまいます。

うまくやろうと思えば思うほど失敗することが多いのは、意に反して筋肉が緊張するからです。

自律神経の「天邪鬼」ぶりが発揮されるところです。

実は睡眠も同じなのです。

眠ろうと思えば思うほど、身体が緊張して眠れなくなってしまいます。

開き直るのです。

ええ~い!あったまきた!
1日や2日眠れないからといって死ぬわけじゃなし。
朝まで起きててやれ!

と脳をだますのです。

自分の脳をだますパフォーマンスとして、わざわざ電気を付けて本でも読み出しましょう。

そう思うと自律神経は天邪鬼ですから、副交感神経が優位になって緊張が解け、眠気をもよおしてきます。

眠たいけどもう少し読みたいんだ・・・もう少しだけ・・・と言い聞かせる。

読む本は面白い本ではなく、とってもつまらないか難しい本がいいです。

そうすると自律神経はそうはさせまいと、さらに副交感を優位にしますから、さらに眠くなってきます。

うまく自律神経をだますことができました。

いきなり電気を消してしまうと元に戻ってしまうようなら、電気をつけたままで本を読みながら寝るのも手です。

 

やってはいけない行為

●睡眠グッズを買ったり、眠れる枕を探したり、睡眠のハウツウ本を買う行為
(眠れないことを相当気にしています。自律神経の思うつぼです。)

●布団に入って眠る努力をすること
(ますます身体が緊張してきますから眠れなくなってきます)

●睡眠薬に逃げること
(薬で眠ることよりもあなたの疲れ切っている心と身体を癒すことが先決です。
薬に逃げていたら本当の病気になってしまいます。)

 

お願い

お願いですから不眠を不眠症にしないで下さい。

不眠症になってしまうと立派に病気認定されて、睡眠薬を飲むしかなくなるのです。

睡眠薬にはそれなりの副作用があります。

お金と健康と時間を失うだけです。

長いこと人間やってれば、色々あって眠れない時もあるよね・・・

これ位の感覚で不眠を捉えてほしいと思います。

最初の眠れない時の心構えがとても肝心です。

病院の門をくぐれば不眠症患者になってしまいます。

そうならないようにしたいものです。

 

それでも悩んでいらっしゃる方へ

当院へお見えください。

とりあえず身体を緩めましょう。

そして心の問題などがありましたら一緒に悩みましょう。

 
=================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」
https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)
TEL 048-831-7746

営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日、第1・3・5木曜日
(土・日・祝日も営業しています)
<完全予約制 1日6名様限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=================