">
">

パニック障害の原因・薬に頼らない改善法

パニック障害に悩む女性
パニックによる発作はとても苦しいと思います。

一般的には脳に原因があるように言われていますが、当院では脳以外の部分に注目しています。

このような方は特定の筋肉が緊張して硬直していることが多いです。

緊張している身体を自らの力で弛緩させようとして、自己治癒力が働いている姿がパニック発作だと捉えています。

安心してください!
パニック障害はあなたを死へ導こうとしているのではなく、あなたを死から守ろうとしている姿なのです。

脳に働きかける薬物では根本からの改善には 結びつかないと考えています。(大元の原因が放置されているからです)

パニック障害とは

最初は突然なんの前触れもなく次のようなパニック的な発作が起きてしまいます。

・激しい動悸
・急な発汗
・頻脈
・身体や手足のふるえ
・息苦しさ
・胸部の不快感
・めまい・ふらつき
・身体のしびれ
・寒気・火照り・・・など

これらの身体の異常と共に、強い不安感に襲われる症状です。

このようなことから不安障害も追加される場合があります。

これらの「パニック発作」は長くは続かず、10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。

医師の診察を受ける頃にはすでに発作は消え、血液検査や心電図検査・MRIなどの検査をしても異常はみられないのが特徴です。

この状態が頻繁に起きるようだと心療内科に回され、パニック障害と診断されることになります。

パニック障害はこの最初の発作が起きた後が問題です。

その後様々な不安に悩まされることになってしまいます。

予期不安

・また恐ろしいパニック発作が起きるのではないか
・このまま死んでしまうのではないか
・頭がおかしくなって狂ってしまうんじゃないか
・人前で恥ずかしいことをしてしまうんじゃないか
・誰も助けに来てくれないところが怖い・・・など

という恐怖に駆られます。

広場恐怖症

誰も助けに来れないような場所や、何かあった時に逃げ出せないような場所に対して、恐怖心を持ってしまうことです。

電車に乗れないのが代表的の症状ですが、それ以外にも、

・バス
・飛行機
・高速道路
・エスカレーター
・スーパーのレジ
・人ごみ
・美容院・歯医者・・など

このような場所に怖くて行けないようになってしまいます。

ページトップへ戻る

 

パニック障害の日常生活に及ぼす影響

パニック障害の日常生活に及ぼす影響

このようなパニック発作は日常生活にも影響を与えてしまいます。

症状の中でも書いていますが

・電車やバスに乗れないため通勤や通学が辛い
・新幹線・飛行機に乗れないため旅行ができない
・レジに並べないため買い物ができない
・人ごみが辛いため様々な会合などにも出席できない
・美容院や歯医者さんにも行けない
・・・など

とにかく人ごみの中や逃げ出せないような場所に行けなくなってしまいます。

このため家に閉じこもるようになり、うつ傾向も同時に併発することがあります。

 

パニック障害の一般的な原因

本当の原因はまだ解明されていませんが、一般的には脳の病気と捉えられています。

具体的にはノルアドレナリン、セロトニンなどの脳内神経伝達物質の働きに異常があり、何らかのトラブルが生じているためと言われています。

またパニック障害の原因の一つに、その人の性格も言われています。

当院でのお客様の性格を見ると、とても真面目な人、がんばり屋の人という印象があります。

それ以外に繊細・神経質・こだわりが強い、不安になりやすい、などの性格もあるようです。

幼少期の分離不安、強いストレス等や、遺伝的要因なども考えられるとのこと。

ページトップへ戻る

 

当院が考えるパニック障害とその原因

疲れている女性

パニック障害を脳の病気として捉えてしまうと西洋医学的には薬の服用しかありません。

最近は認知行動療法という療法も取り入れているようですが・・・

当院では病気として捉えるのではなく、固まり過ぎた筋肉を自らの力で緩めようとして大きな自己治癒力を発動させてしまった状態と捉えています。

警察機構で言うなら、最後の砦であるSAT(SIT)を出動させてしまった・・・みたいな。

パニック障害になる前の半年・1年位前のことを思い出してください。

・肉体を酷使してへとへとになっていませんでしたか?
・ショックを受けたり悩んだりしていませんでしたか?
・心がへとへとに疲れていませんでしたか?
・昼夜逆転のように生活習慣が乱れていませんでしたか?
・暴飲暴食の荒れた生活を送っていませんでしたか?
・睡眠はしっかりとれていましたか?

このような前提があって、身体がコチコチに緊張していたのが真の原因と考えています。

コチコチに緊張してしまった身体を、自己治癒力が発動して緩めようとしている姿がパニック障害だと。

整体的に考えると、
緊張して固まっている筋肉を緩めるときに、さらに緊張させる手法を使うことがあります。

緊張している筋肉を一旦わざと緊張させることで、身体の中では緩ませようとする自己治癒力が働くのです。

この操作を整体に掛かるのではなく、自らの力で行ってしまったのがパニック障害だと。

筋肉が硬直しきってなかなか柔らかくならないために、自らがさらに筋肉を硬直させることで筋肉を緩めようとした・・・

この時に急に筋肉が緊張するため動悸や呼吸困難などを引き起こすと考えています。

ですから、脳の伝達物質を操作するのではなくまず全身の筋肉の緊張を緩ませることが先決だと。

特に背中の筋肉や前面の胸の筋肉を緩めることが重要です。

ただ難しいのは、一旦(SAT)みたいな強烈な自己治癒力まで発揮してしまうと、今度はちょっとした緊張でも同じように働いてしまうことです。

この脳の誤作動を元に戻すところで少し時間がかかりますが、この誤作動まで改善できれば大丈夫です。

当院が考える原因のエビデンスは実際に改善したお客様だと思っています。

ページトップへ戻る

 

当院でのパニック障害の施術方法


当院のパニック障害の施術
当院では心と身体の両方から施術することが可能です。

両方から施術をすることで改善は早くなります。
 

体の施術

当院では筋肉の緊張(コリ)がなければパニック障害は起きないと考えていますので、まず体の歪み、筋肉のコリを見ていきます。

特に肩甲骨周辺のコリと前面の胸周辺のコリが、大きくパニック障害に関係していると思っていますので、一番最初に見るところになります。

パニック障害のほとんどの方にこの部分のコリが見受けられます。

背骨を押して違和感があるところがポイントです。

全体的な体の歪みを調整しながらこの部分を緩めていきます。

相当緊張して、年期も入っているはずなので簡単には緩んでくれませんが、何度も何度も緩めます。

この部分に凝りがあるために、呼吸がしにくかったり、呼吸困難などの症状が現れ、また心臓にも関わる部分ですので、動悸がするのも分かります。

この部分を緩めるだけで急行電車に乗れなかった人が、2か月後にニュージーランドまで飛行機で行けるようになったお客様もいらっしゃいます。
 

心の施術

精神的にも不安感や恐怖感がありますので、同時にカウンセリングや感情セラピーEFTでその感情を取り除きます。

コチラは他の整体院にはない当院のオリジナルです。

※感情セラピー:詳しくはこちら
※EFT:詳しくはこちら
 

安心してください

まず最初にお話するのは、
「パニック障害は死ぬほど苦しいかもしれませんが、死ぬことはありません。心配しなくても大丈夫ですよ」ということです。

正直申し上げまして、脳の誤作動を元に戻すにはそれなりの時間と本人の努力が必要になります。

最初は少しでも心や身体が緊張する場面で、同じような症状に見舞われることが起きます。

しかし何度も何度もしつこいくらい筋肉を緩めて、背中の筋肉が緩んでくると徐々に緊張した場面でも症状が出せなくなってきます。

また心の面からも何度もサポートしていきます。

同じ症状に見舞われた時に恐怖心を持ってしまうと、敵(脳の誤作動)の思う壺です。

「また来やがったな!」と思うぐらいにしてやり過ごしている間に徐々に記憶が薄れて、誤作動が起こりにくくなってきます。

ある日突然、完全に改善するというものではなく、うつ症状と同じように少しずつ少しずつ改善していくというような状況です。

そういえば最近あまり起きない・・・というように。

劇的な変化を望まれる方は、当院の施術は不向きだと思いますのでご了承ください。

それでも、薬ではなく自分の力でなんとかしたい!という方はご相談ください。

ページトップへ戻る

 

パニック障害と言われたら

一旦最後の砦みたいな自己治癒力が発動してパニック発作が起きてしまうと、また何度も同じような状況を繰り返すことになるかもしれません。

しかし、恐れないでください。

あなたを死へ追いやるために起きているのではなく、あなたを死から守るために起きているのです。

そして、まず反省してください。

筋肉を緩ませる強烈な自己治癒力までも発動させてしまった。

こんなになるまで心身を疲労させてしまったんだと。

少しは身体を労わってあげようと思ってください。

そして少し長い付き合いになるかも、と覚悟してください。

しかし、しっかり身体をケアしてあげれば改善します。

筋肉と心を緩ませて、しっかりケアしていきましょう。

当院も全力でお手伝いさせていただきます。

 

関連記事

パニック障害と真っ直ぐすぎる背中の関係
パニック障害で悩む女性
 
上部胸椎がなぜパニック障害に関係あるのか?

 

お客様の声

お客様の声

パニック障害になり電車に乗れない M・M様 27歳(女性) 会社員

パニック障害になり電車に乗れない

<どんなことでお悩みでしたか?>
パニック障害になり、毎日の通勤電車に乗れなくなってしまいました。

心療内科には行きたくなかったので、別の改善策をネットで探していたところ、整体ウェルネスさんに出会いました。

身体のコリにも悩まされていたのでこれだと思いました。

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
肩や首、背中凝りをピンポイントで施術していただき、症状が良くなるにつれ電車に乗れるようになりました。

あっという間に改善し、施術スタートから3か月後には飛行機に乗っていました!

「仕事中も必要以上に身体に力を入れない、リラックスする瞬間を作る、ストレッチの大切さ」を教えていただき、仕事の仕方、日々の過ごし方を変えることが出来ました。

全国のパニック障害の方に整体ウェルネスさんを知っていただきたいです。
(宇都宮から通っている知人もいます)

当院を漢字一文字で表すと

「治」

施術の効果がありすぎる!
何より、こんなにお人柄も良い先生に診ていただける整体にはなかなか出会えないのではないでしょうか。

 

安心感があります  ??様 45歳(女性) 主婦

安心感があります

<どんなことでお悩みでしたか?>
パニック障害・首のコリ・花粉症

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
施術を受けて3ヶ月くらいになりますが、当初は精神的にも身体的にもピリピリしていました。

現在は全体的に緊張が取れて、日常生活が楽に過ごせるようになりました。

筋肉を施術が私にはあっていると思います。
また経絡整体で、花粉症も軽くなりマスクをしている日数がこれまでの1/3位になりました。

当院を漢字一文字で表すと

「安」

何か体と心が辛くなりそうでも先生がどうにかしてくれるという安心感があります。

 

細胞が生き返ってきている感じ kaerukun様 28歳(女性) 無職

細胞が生き返ってきている感じ

<どんなことでお悩みでしたか?>
自律神経の乱れ(不安感・めまい)
肩こり

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
2年前にパニック障害と診断され、薬を使わずに治そうと思いいろいろ調べていたところ先生と出会いました。

通って1年になりますが少しずつ「普通」だと思っていた感覚が戻ってきているように思います。

整体もそうですが、経絡を通してもらうと調子が良い感じがします。

当院を漢字一文字で表すと

「再」

先生の施術を受け少しずつ私の細胞が生き返ってきている感じがします。

 

色々なお話ができて楽しい時間 ちーこ様 35歳(女性) 幼稚園教諭

色々なお話ができて楽しい時間

<どんなことでお悩みでしたか?>
股関節の痛みと精神的不調

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
先生が気さくで精神的不調はどのようにしたら良くなるなど色々な話をしてくださり、楽になりました。

股関節の施術で動きが良くなったのと、体操を教えてくれたりするので他の整体よりいいです。

良く施術をしていただいて料金が他より安く感じます。

当院を漢字一文字で表すと

「楽」

身体が楽になるに加え、毎回いろんなお話などをさせていただき、楽しい時間を過ごさせていただいています。

 

魂まで向上していると思います 徳爺様 55歳(男性) 今のところ会社員

魂まで向上していると思います

<どんなことでお悩みでしたか?>
初めて来院した時と今では全然悩みが違うと思います。今思い出してみて多分、「不安」「首痛」「肩痛」「動機」「しびれ」

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
今は以前とは違うんでしょう。新たに出てくる悩みも軽いものになっています。

身体もゴルフができないくらい身体のあちこちが動かなかったのですが、(しびれなど)動きます。

安心・信頼・学びなど得られいろんなことが一つの院で複合的に効果があることが違いでしょうか。

当院を漢字一文字で表すと

「魂」

魂まで向上していると思います。
いろんなこと教えていただき、きっかけで本もたくさん読みました。
一番大事な言葉として。

 

施術が丁寧で気持ちがこもっています とっこ様 46歳(女性) パート

施術が丁寧で気持ちがこもっています

・話をじっくり聞いてくださるので調子が悪いことを思いっきり吐き出せるのがありがたいです。

・施術もとても丁寧で気持ちがこもっています。

・「必ず治ります」と言っていただけるのが心強いです。

当院を漢字一文字で表すと

「楽」

・通うのが楽しみ
・身体が楽になる

 

お問わ合わせなども気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

電話予約

インターネットでのご予約は

予約フォーム

≪初めてのお客様へ≫
土・日のご予約の場合は数週間お待ちいただく場合がありますので早めにご予約ください。
また平日の場合もご希望の時間がある場合は余裕をもってご予約ください。