パニック障害と真っ直ぐすぎる背中の関係

パニック障害で悩む女性
パニック障害でお悩みの方も多いと思います。

パニック障害と姿勢(骨格の歪み)について

パニック障害の色々と原因は言われていますが、整体学的に姿勢(骨格の歪み)から探ってみたいと思います。

当院には多くのパニック障害の方が見えられますが、そのほとんどの方に同じ姿勢(骨格の歪み)が見受けられます。

それは上部胸椎が中に入ってると言う事です。
(姿勢が良すぎて伸びきっている)

猫背も良くないのですが、伸びきっても良くありません。

背骨そのものが真っ直ぐになっている(平背)方も多いです。
脊柱
通常、胸椎は上図のように、横から見て背中側に湾曲しています。

しかし、この湾曲がなく上部胸椎が伸びきってしまっているのです。

そうすれば当然、その周辺の筋肉が伸びきった状態で固くなってしまいます。

この骨を押すと「痛い!」と言われます。
(何もなければ痛くないはずです)

 

背骨がが真っ直ぐになってしまった要因

なぜ背中が真っ直ぐになってしまったのでしょうか?
 

背骨が真っ直ぐになった要因を聞いてみる

・小さいころから親から姿勢を正すように教育された
・猫背を治そうと思って胸を張るようにした
・親や先生から胸を張るように言われていた
・良い姿勢を常に意識して胸を張っていた

等がよく聞くところです。
 

性格的な要因は

・頑張り屋
・真面目
・自分で何とかしようとする
・くじけない
・小さい時から良い子

などでしょうか。

そうするとどうしても姿勢は胸を張った状態になります。

これらの要因が胸を張って背骨を真っ直ぐにしてしまい、俗にいう姿勢が良い状態をつくってしまいます。

 

正しい姿勢とは

正しい姿勢
正しい姿勢は横から見て、模型の骨のように湾曲がある姿勢です。

胸を張ってしまえば、胸椎の上部が中に入ってしまいます。

そして顎が上がってしまいます。

正しくは「胸を張る」ではなく、「みぞおちを出す(張る)」姿勢です。

そうすると自然に顎がひけ、丹田に力が入ります。

自然な胸椎の湾曲が形成され、背中の筋肉は緩みます。

正しい姿勢は
「胸を張る!ではなく、みぞおちを出す!」です。

上部胸椎が中に入ってしまうことと
パニックの関係については次回に・・・

 
================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」
https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)
TEL 048-831-7746

営業時間:9:00~18:00
定休日:毎週水曜日、第1・3・5木曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日6名様限定>
「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
================