身体の冷えと冷房・飲食の関係

冷房の使い過ぎは身体を冷やします

身体の冷え(低体温)と免疫力には大きな関係があります。

体温が1度下がれば
代謝が12%下がり、免疫力が30%下がるといわれています。

今回は冷房と飲食に関してみていきたいと思います。

 

冷房の悪影響

ここ数年以前より夏が熱くなってきました。

毎年熱中症で大変だとマスコミは大騒ぎしています。

しかし冷房の使い過ぎは身体を冷やしてしまいます。

冷房を使い過ぎると
冷房なしではいられない身体になってしまいます。

普通冷えは冬に訪れますが現在は夏に起きているのです。

我が家では団地に住んでいますが今でも寝るときに冷房は一切付けません。

汗をかきながら寝ていますが、身体を暑さに慣らせば大丈夫です。
(娘はマスコミに脅されて死ぬよ!と騒いでいますが・・・)

マスコミの熱中症煽り報道は
全て冷房を付けさせるように誘導していると思ってください。

大きな意図が隠されていますが今回は割愛させていただきます。

 

冷たい食べ物・過食の害

普通夏は冷たい物を食べたくなります。

しかし現在は冬でも家の中が暖かいので
冷たい物を食べたり飲んだりしていることが多いのではないでしょうか。

年間のアイス消費量は多分東北の県(秋田だったか?)だと思います。

1年中コップにたっぷりの氷を入れて飲んでいませんか?

当然身体は冷えてしまいます。

こればっかりは私も人のことは言えませんが・・・
(冬でも冷えたビール、ロックを飲んでしまいます・・・反省)

食べ物の季節性も考える必要があります。

夏野菜は身体を冷やし、冬野菜は身体を温めます。

当然冬に夏野菜を食べれば身体は冷えてしまいます。

又、過食も体温を下げる原因になってしまいます。

食べ物を食べると消化器官に大量の血液が使われてしまい
全身の臓器や器官に回る血流が減少し低体温になってしまいます。

テレビでは食べ物の番組が多いですが、これも意図があります。

過食ではなく少食を心掛けましょう。
 
 
=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」

https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日・隔週木曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日8名様限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
======================