身体を暖め過ぎると身体の機能が落ちてしまう

紅葉です、朝晩が寒くなってきました

紅葉が街中まで下りてきて、朝晩が大分寒くなってきました。

昨日は最高気温が10度ちょっと、とても寒かったです。

これからの寒い冬には寒さ対策が欠かせません。

私なんかも、真冬はももひき当たり前で、レッグウォーマーまでいってしまいます。

 

身体の暖め過ぎも良くない

「体を温めれば病気は治る!」

「体温が一度下がれば免疫力がOO%下がる!」

「低体温が病気を引き起こす!」

このようなことが世の中にも大分広まってきましたので、体を冷やしてはいけない、もっと身体を温めなければいけない、と思ってきた人も多いのではないでしょうか。

そしてそのような温めグッズも一杯出てきました。

しかしここで問題なのは、

「温め過ぎは良くない!」ということです。

温めれば健康にいいんだろうということで、何でもかんでも四六時中温めようとしてしまう人がいます。

カイロも一日中身体につけていたり、腹巻も1年中つけていたり、靴下を履いたまま寝たり、何枚も何枚も靴下を重ね履きしたり・・・

確かに身体を冷やさないということに関しては良いのかもしれません。

体調も一時的には良くなるでしょう。

しかし、四六時中暖め続けているということは、本来自分の身体の中にある身体を温めようとする機能はどんどん退化していってしまいます。

自分で温めなくても、誰かが温めてくれている訳ですから。

元々備わっていた温めるという機能がどんどん失われて、いつか自分では温められなくなってしまう、ということになってしまいます。

身体は自分の能力で温めなければいけませんし、その能力を持っています。

自分の身体が一時不調で暖められない時にだけ、しばらくお世話になるという考え方が必要だと思います。

 

温めグッズはあなたのトータルな健康は考えていない

温めグッズ(靴下の重ね履き)
腹巻を例に取ってみてください。

本来お腹は自分の機能で温めるものです。

しかしお腹が冷える、下痢をする、体調が良くなる、等の理由で腹巻をする人がいます。

お腹が痛いときなどの一定の期間だけするだけなら良いのですが、寒い冬の間四六時中ずっとしていたりすると今度は夏でもはずせない体になってしまいます。

自分の力でお腹を温められなくなるのです。

結局腹巻を取ると冷えてしまうので夏でもはずせなくなってしまいます。

これが本当に良いことでしょうか?

大切なことは身体をサポートしてくれる全ての器具は、自分の本来持っている機能を損ねない程度に頼りにすることです。

CMの全てを鵜呑みにしないで下さい。

防寒グッズ、温めグッズも全ては売れればいいだけの話で、あなたのトータル的な健康までは何も考えてくれません。

しっかり自分自身で、何が良くて何がよくないのか見極めることが大切です。

 
=================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」
https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)
TEL 048-831-7746

営業時間:9:00~18:00
定休日:毎週水曜日、第1・3・5木曜日
(土・日・祝日も営業しています)
<完全予約制 1日6名様限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=================