全ての病気は気のせい気のせい

自分の体調が何かいつもと違うなあ・・・と思ったとき

どのように考えますか?

1 あれ、おかしいなどうしたんだろう、大きな病気じゃなければ良いけど、あ~すごく心配・・・。

2 あれ、なんかおかしいかなあ、いや気のせいだよ気のせい。

きっかけという物理的な現象は全く同じことなのに

このように両極端な考え方をする人たちがいます。

どちらの考えの方がいいのでしょうか?

1の人達は小さな身体の変化も見逃さないほど敏感な人たちですが、常に小さな変化は身体に起きるため、自分自身が健康だとだんだん思えなくなってきます。

ついつい、ここが痛い、あそこが変・・・と自分の異常個所を探して、健康な人は良いなあなどと思うため、どちらかと言うとネガティブ思考で生きてしまいます。

2の人達は病気のことなどに関心がなく自分は健康だと思っています。ですからあまり健康にも気を使わず、毎日はつらつと生きています。

このように考えて見ると、圧倒的に2の人たちのほうが有利だと思いますが、残念ながら長生きする人達は1の人達のほうではないでしょうか。

身体が弱いと思っているため、あまり無理もせずにすぐ病院にかかったりするので、大病をしない可能性があります。

あ~ここが痛い、あ~そこが痛いと言いながら長生きしているお年寄りの姿が思い浮かびます。

2の人達は、毎日がはつらつとして健康そのものという生き方をしているため楽しいと思いますが、自分の身体の変化に鈍感なため気が付いたら大事になっていたと言うことがありえるのです。

健康なのですが、健康なため自分の身体を過信してしまうのです。また、健康すぎるために病気を告げられると一気に落ち込んでしまうなど、病気を経験していない為に病気に対して精神的に弱い面も見受けられます。

このような両極端な考えをみて見ると、健康ではつらつとして長生きするための極意が見えてきます。

健康の極意

その1

身体には気を使いすぎず、使わなさ過ぎず

その2

病気を恐れず、健康を追い求め過ぎず

なあ~んだ! それだけ!

期待していたのに・・・

と思われそうですが、これが結構難しいのです。

両極端にいるなあと思われた人は反対を目指してください。

それが健康で長生きする道だと思います。