安易なシップや痛み止めの注射などが慢性化の原因

033152

当院に見えられるお客様の中には、
シップや痛み止めの注射をされている方も見えられます。

このようなもので本当に改善できるのでしょうか?

 

痛み止めの功罪

確かにシップや痛み止めの注射で痛みを感じなくすることはできます。

しかし目先の痛みを止めるだけの対処療法をずっと続けていくと、
患部はどんどん悪化していきます。

患部は動かしてはいけないほど悪化しているのに
痛み止めのおかげで動かせるようになってきます。

そうすると治ったと勘違いして、ついつい無理をかけてしまうのです。

すると悪化していた患部は、さらに悪化していきます。

そしてまた痛み止め・・・無理して動かす
そしてまた痛み止め・・・無理して動かす

どんどん慢性化していって・・・ついに壊れてしまいます。

そうなるともう治る機能がなくなってしまいます。

その後に進められるのが手術でしょう。

最終的には器具を使って生きていくしかなくなる・・・

という流れにもなってしまいます。

 

痛みの本質とは

痛みとは身体の故障箇所を脳に伝えているということです。

痛みを与えることで身体に患部を動かさないように教えているのです。

「痛い方に動かすと患部はさらに悪化しまうますよ」
ということだと認識してください。

痛みを感じながらその痛みをなくしていくのが本来の治療のはずです。

痛みを安易に無くすだけの対処療法をしないでください!
youtuu01
痛みを感じなくするだけで終わってしまえば、
身体は故障しているという情報が分からなくなってしまいます。

故障個所が脳に伝わらなかったら身体はいつまでも修復しようとしません。

山のがけ崩れが情報として自治体に伝わらなければ、
いつまでもがけ崩れの補修は進まないのと同じことです。

 

根本改善だけが全てではない

一切の痛み止めを使用しなくても痛くなくなった時が
治る一応の目安となります。

しかしこれではまだ痛みがなくなっただけです。

根本から治すにはそれだけで終わるわけにはいきません。

その後、骨格の歪みなどを修復して、
今度は新たに筋肉を付け直さなければなりません。

それを分かった上で、自分はどの程度まで治して
納得していくのかだと思います。

骨格まで治すのは大変だから、定期的に通ってケアしていく・・・
身体の歪みを認識しながら上手に付き合っていく・・・

というのも一つの考え方ではないでしょうか。

 

 最後に

どうしても痛くて日常生活に支障が出る時は仕方がないかもしれません。

しかし、我慢できるようなら
痛み止めはなるべく使用しないようにお願いしたいです。

そちらの方が慢性化せず確実に早く改善します。

=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」

https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日6名様限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=======================