心の病を持つ人へ

a0001_017585

最近心の方で見えられるお客様が増えてきました。
(うつやパニック障害・・・など)

これからはあくまでも私の思いとして聞いてほしいのですが・・・

私は心の病は病気ではないと思っています。

病気ということにした方が
現在社会では生きやすいのかも知れません。

会社や学校を休むにしても
医師が書いてくれる診断書が必要になります。

世の中のシステム上は病気にせざるを得ないのかもしれませんが、
心の中まで病気になってはいけないと思います。

 

心を病んでいる人たちは本来才能のある方なはずです。

●私がやらなければという使命感
●最後までやり遂げようとする責任感
●ミスがないようにしなければという几帳面さ
●他人を傷つけてはいけないというやさしい気持ち
●人の分もやってあげようという奉仕の心
●人に楽しんでもらおうというサービス精神
●間違いは間違いとして正そうとする正義感
●人間としての倫理観

このような心の才能を持っている方が多いと思います。

 

こういう心の才能は残念ながら、
現在の競争主義社会ではあまり評価されません。

現在の世の中では

人を蹴落としてどこまでも競争し
弱いとみればとことん攻撃し
正しくないと分かっていても目をつむり
心を無くしてでもさらに上を目指して、
満足することなく物・金・名誉を追求していくこと

が普通になってしまいました。

こういう世界で心の才能を開花させようとすると、
とたんに生き難くくなってしまいます。

そして心の行き場がなくなってしまい、自分を攻撃してしまう。

そして心が折れてしまう。

 

しかし、そんな世の中が本当に正しいと思いますか?

私は心の才能を持った人たちが
充分に才能を発揮できる世界の方が正しいと思っています。

ですから心の病を持っている方たちには
自信を無くすのではなく、逆に自信を持ってほしいと思うのです。

あなた達の感性は間違っていない。

ただ現在の価値感と少しズレが生じているだけ。

そのずれが生じている分だけ生きづらいのです。

しかし、
あなた達の仲間はまだ少ないかもしれませんが、
必ず大きな渦になり、どんどん拡大してきます。

そして必ず世の中はあなた達が能力を発揮できる世界に変わってきます。

 

もう人は、

・傷つけあうのを嫌がってきます
・もう人を蹴落とす人生に疲れてきます
・もっともっと助け合って生きたくなってきます
・もっともっと支えあって生きたくなってきます
・もっともっと愛しあって生きたくなってきます

必ずその渦は大きくなってきます。もう近いです。

だから・・・
自分を病気だと思わないで下さい。

病気の治療(投薬による治療)を続けてしまうと
本当の病気になってしまいます。

病気じゃない!
という対処法(療法)で十分あなたは復活します。

全てはあなたの考え方しだいです。

=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」

https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日6名様限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=======================