下肢のむくみの原因と改善法

足のむくみを気にする女性
むくみが起こる原因として、腎臓などの臓器の疾患が疑われることがありますが、ここでは臓器に異常が見られないむくみについて述べていきます。

また顔や手足など身体の様々なところで見られますが、ここでは顔などの美容系のむくみではなく、主に下肢のむくみを対象にしています。

むくみは男性よりも女性に多く見られる現象です。

このことからも、当院では下肢の筋肉がむくみに大きく作用していると考えています。

 

むくみとは水分が溜まる現象

水分が循環できなくて細胞内に溜まっている現象です。

通常心臓から動脈で各細胞へ酸素や栄養をや送られた血液は、また静脈を通して二酸化炭素や老廃物を回収し、心臓へ戻ってきます。

しかし、この静脈が詰まっていたりリンパ管が詰まっていたりすると、細胞の閒に溜まっていた水分が血管やリンパ管に戻れなくなってしまいます。

このように細胞の間に溜まった水分が多くなってむくみとなってしまいます。

 

一般的な下肢のむくみの原因

西洋医学的には以下のようなことが指摘されています。

・塩分の摂りすぎ
・アルコール
・女性ホルモンの関係
・睡眠不足
・運動不足
・精神的ストレス
・座りっぱなし
・立ちっぱなし

大きな病気が隠れている場合がありますので、医師に相談しましょう、となります。

 

整体師が考える下肢のむくみの原因

下肢のむくみの真の原因は筋肉の低下や疲労による、下肢の筋肉疲労(コリ)だと考えています。

重力によって下肢まで下がった血液は重力に逆らって、元の心臓まで戻さなければなりません。

下肢まで下りてきた水分(リンパ液など)も同じことです。

この時に必要なのがポンプ作用をする下肢の筋肉です。

ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれます。

この筋肉が疲労して固くなったり弱ったりしていると、ポンプの作用が鈍くなりうまく上に戻せなくなります。

なぜ下肢の筋肉が疲労するのかには様々な要因があると思います。

・骨盤や股関節などの骨格の歪み
・O脚やX脚
・歩き方
・腰の筋肉疲労
・長時間の立ち仕事
・エアコンなど下肢が冷える
・座りっぱなしで下肢を動かさない
・・・・等

筋肉は使いすぎ・使わなさすぎ・冷えによって固くなり疲労します。

また骨格の歪みがあれば、その部分の筋肉が疲労し下肢の血流は悪くなります。

このように

下肢のむくみの原因は骨格の歪み・筋肉の疲労や低下によるもの

と考えています。

筋肉の低下の場合は、運動などをして筋肉をつけるしかありませんが、疲労(コリ)しているん場合は筋肉を緩めてあげる必要があります。

ページトップへ戻る

 

自分でできるむくみの改善法

運動する夫婦

筋肉が疲労して固くなっているのであれば、その筋肉をほぐして柔らかくしてあげる必要があります。

足湯半身浴などは筋肉を温めることで、血流を促進する効果があるのでとても有効です。

また自分でふくらはぎなどをマッサージをしてあげるのも良いでしょう。

筋肉の低下は運動や筋トレで筋肉量を増やすしかありません。
三浦雄一郎氏がそうであったように80歳を過ぎても筋肉量は増えます。

簡単なかかとの上げ下げ運動でも、ふくらはぎの筋トレになります。

老化による低下と諦めずに、年齢に関係なく鍛えて欲しいと思います。

とにかく下肢の筋肉を動かしてください。
歩くだけでもしっかり効果があります。

様々なむくみグッズが販売されていると思いますが、その商品で筋肉が強化されるのか、筋肉がほぐれるのかということをよ~く考えてください。

その商品を使っている時だけむくみがないという商品は、逆に自分の筋肉を弱らせてしまうことにもなりますのでご注意ください。

結局は自らの筋肉を強化するか、固まった筋肉を緩めるしかないと思ってください。

 

当院のむくみの施術方法

当院では、むくみの大きな原因の一つが下肢の筋肉疲労と考えていますので、固まった筋肉をほぐすことを行います。

下肢の筋肉が単体で固くなっている場合もありますが、骨盤や全体の骨格の歪みが原因で、その影響で固くなっている場合もあります。

また下肢の筋肉そのものというより、鼠径部(腿の付け根)が固くなることで血流が阻害されることもあります。
(ポンプが踏まれて通りが悪くなるイメージ)

この場合は鼠径部の固さをとって流れを良くします。

むくみの原因は筋肉のコリ以外に筋肉量の低下があります。

しかしこれはご本人の努力にお願いするしかありません。

効果的な筋肉の鍛え方などをご紹介してご自宅で行って頂きます。

また一日立ち仕事の方や座りっぱなしの方などにも、簡単にできる運動などをアドバイスをさせていただきます。

当院は共に頑張りましょう・・・という考えで施術をさせていただいています。

ページトップへ戻る

 

お問わ合わせなども気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

電話予約

インターネットでのご予約は

予約フォーム

≪初めてのお客様へ≫
土・日のご予約の場合は数週間お待ちいただく場合がありますので早めにご予約ください。
また平日の場合もご希望の時間がある場合は余裕をもってご予約ください。