「寒暖差疲労」の自分で出来る改善法

「寒暖差疲労」という新たな病名
「寒暖差疲労」という新たな病名がまた出てきました。

病院には寒暖差疲労外来までできているそうです。

 

寒暖差疲労とは

一日の気温差が大きいために体温を調整する
自律神経が過剰に働き、体が疲れてしまうこと。

だそうです。

今年は新型コロナの自粛生活の影響で
運動不足のストレスなどにより例年より
自律神経のバランスが乱れているそうです。

その為患者が急増しているとのこと。

寒暖差疲労の主な症状

・ 肩こり、腰痛、頭痛
・ めまい、不眠
・ 食欲不振、便秘、下痢
・ イライラ、気分の変化
・ 冷え、むくみ・・・等
 

寒暖差疲労の一般的な対策とは

●温度差をなくす
●バランスのとれた食事を心がける
●良質な睡眠をとる
●適度な運動をする
●お風呂にゆっくり浸かる

ただ、上記の対策は全ての病気に言えることで、
当たり前といえば当たり前の話です。
 

病院で行われる治療

病院の寒暖差外来で何ができるのでしょう??

恐らく症状毎の薬が出されるだけではないでしょうか。

頭痛なら頭痛薬
眠れないなら睡眠薬
食欲不振なら胃腸薬
・・・等

 

寒暖差疲労の整体的な改善法

整体的に考えると、こういう時は必ず
筋肉が硬直しています。

筋肉が硬直することで症状が出せると考えます。

だからこそ腰痛や肩こり等もみられると・・・

頭痛や不眠などの症状は肩や首の硬直だと思われます。

首が固くなってしまうと自律神経のバランスも乱れます。

自律神経のバランスが乱れてしまえば
イライラや食欲不振等様々な不調に見舞われてしまいます。

普段から筋肉の硬直があり、寒暖差ストレスにより
さらに筋肉が硬直してしまった状態。

その状態を「寒暖差疲労」と呼ぶのだと思います。

血流が悪くなっているために様々な症状が出てしまうと・・・

整体的に
筋肉の硬直を緩めてあげれば治まる症状だと思っています。

寒暖差疲労でお悩みの方で薬以外の方法で
改善したいという方は是非ご相談ください。

 

自分で出来る改善法

・半身浴で身体を温める
・腹式呼吸をする
・爪もみ健康法をする
※爪もみ健康法はこちらをご覧ください

とても良い方法だと思いますので試してみてください。

とにかく自律神経のバランスが乱れているだけなので
それを改善するような方法ということになります。

 
=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」
https://www.e-b-wellness.com/
さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)
TEL 048-831-7746

営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日・隔週木曜日
(土・日・祝日も営業しています)
<完全予約制 1日8名様限定>
「ホームページを見て…」とご連絡ください

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっお力なれると思います。
=======================