不眠症とうつ病の因果関係は

a0001_017415

「お父さん眠れてる?」

いつか自殺対策キャンペーンとして、
内閣府の自殺対策推進室がポスターを公開しましたが、そのキャッチコピーです。

娘が父親へ「お父さん眠れてる?」と尋ねる姿をイメージしているとのことです。

眠れない日が続く人は、うつを疑って―。

ということで、うつの兆候である睡眠不足の自覚を促す
キャンペーンということですが、ちょっと考えものです。

ちょっと眠れないという言葉を口にしたら、
家族から「うつかもしれないから病院へ行きなさいよ」

ということになるでしょう。

表看板が心療内科という精神科医にかかったら、
うつの薬と睡眠薬が処方されるのが通常です。

そのために最初はたいしたことがなかったのに、
薬漬けになってしまってどんどん悪化していった人を多く見てきました。

「自殺対策キャンペーン」ということの試みはすごく良いことだと思いますし、
どんどん推進していかなければいけないことだと思います。

ただそれを眠れないことをうつに結びつけてしまうところに、
危うさが潜んでいると思うのです。

眠れないということは
心配事や悩み事、プレッシャーなどがあって交感神経が高ぶって、

夜は副交感神経が優位になるのに、
交感神経の緊張が解けないということでしょう。

ということは病院へ行くより、
まず自分が今抱えている問題を解決する方が先決です。

この問題を一生懸命話し合って解決してほしいと思います。

この問題が片付いたら寝れるはずです。

当然うつという病気でも何でもありません。
ただ心配事があって眠れなかっただけです。

また整体師の立場から申し上げますと、
眠れない人は背中から肩、首にかけての部分が間違いなく緊張してこっています。

眠れないという原因は精神的なものかもしれませんが、
眠れないという事実は肉体的なものなのです。

この心の緊張が肉体の緊張にまで及んだ状態を、整体などでほぐしてあげて、
改善してあげればうそのように眠れるようになってきます。

うつということは脳という臓器の病気という考え方ですが、
不眠は脳という臓器の病気へ直結するのではなく、
自律神経のバランスの乱れだと思っています。

ですから眠れないということで注意を喚起することは良いことですが、
直病院行きではなく、まず抱えている問題を解決することが先決です。

そして身体の緊張をほぐしてあげることでほとんど防げるはずです。

試みは非常に有意義なことだと思いますが、
その方法を考えてほしいと思います。

不眠は病気ではありません。

無理やり病気にしてしまって病院へ送る、
ということのないようにお願いしたいものです。

今のまま不眠を自覚させてうつにしてしまい、
病院へ送るだけということになったら、

メタボリックシンドロームと同じように、
見込み患者発掘のお手伝いを国の税金でしているだけになってしまいかねません。

本当に国民の自殺を何とかしたいと考えているのなら、
よくよくその方法を考えていただきたいと思います。

くれぐれも医療業界の見込み患者発掘を税金ですることのないように
お願いしたいと思います。

 

=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」

https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日6名限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=======================