健康にとって大切な栄養ついて

はじめに

3大栄養素は脂質・糖質・タンパク質と言われています。
タンパク質(牛乳)
それにビタミンとミネラルを加えて5大栄養素
それに食物繊維を加えた6種類

これが健康には大切だということになっています。

そしてこれらを万遍なくバランスよく摂ることが
健康にいいと指導されています。

 

栄養を摂りすぎているのでは?

3大栄養素は身体にはとても大切なものです。

しかし最近は栄養栄養と言われて
逆に栄養過多になっているのではないでしょうか。

育ちざかりの年齢にとってはその質も量も
とても重要だと思っています。

しかし、新陳代謝が衰える年代からは栄養重視よりも
量を少しセーブするぐらいでいいのではないでしょうか。

それよりもビタミン・ミネラル・食物繊維の方を
重視していくべくだと思います。

栄養を摂りすぎた結果が生活習慣病ではないかと
考えています。

3大栄養素はとても大切だと思いますが
現在人は量が多すぎているのではないかと危惧しています。

 

万遍なくバランスよくとることは本当に正しいのか?

また毎日万遍なく摂ることにも少し違和感を覚えています。

私の知っている人で
毎日32品目の栄養を摂っていた人は原因不明の病気になりました。

私の家内は小さいころから肉も食べないし牛乳も飲んでいません。
小さいころからずっと好き嫌いが多かったです。
タンパク質(肉)
当然嫌いなものは食べられないので
好きなものしか食べてきていません。

しかし今だに病気一つしたことがないのです。

しっかり毎日栄養をバランスよく摂っていた人が病気になり
好きなものだけ食べていた人がいまだに健康です。

栄養学からこの理屈がうまく説明できません。

それ以外の要素が絡み合っていたのだと思いますが

栄養がなかった戦中・戦後の人達が
平均寿命を延ばしています。

そして逆に栄養豊かな現在人はすぐ病気になる。

このような現実を見ると病気と栄養の因果関係は
本当に正しいのだろうかと思ってしまいます。

私は毎日同じような栄養をバランスよく摂ることは
正しくないと思っています。

今日は肉が食べたい!
がつがつ肉のみを食べる。

今日は野菜が食べたい!それだけ!

今日は白いご飯をお腹いっぱい食べたい!

私はそれでいいと思っています。

毎日毎日お行儀よく様々な栄養素を万遍なく摂らなくても。

タンパク質(卵)身体は
甘いのを食べたい時もあります
塩辛いものを食べたい時もあります

それが身体が発する食欲であり本能です。

それがその時の身体を修復してくれる
本当の意味での栄養素だと思っています。

毎日バランスよくとる食事には違和感を覚えるのです。

本当に必要なのは毎日万遍なく栄養素を取ることではなく
その時の身体に合った栄養素を摂取すること。

これこそが本当の健康法だと思っています。

 

余談

よくテレビなどで〇〇にはこういう栄養がある!
などとやっていますが、当たり前です。

栄養があるからこそ食品になっているのです。
毒しかないものは食品になっていません。

調べれば全ての食品には大切な栄養が含まれているはずです。

それを聞いてスーパーに買いに走る人の気がしれません。

安易にマスコミの乗せられないで冷静になってください。

サプリメントで栄養補給という考え方があります。
サプリメントを飲む男性
しかし本来は食物から摂るべきです。

サプリメントはその栄養だけを凝縮していますが
本当は食物をトータルで食べることが大切です。

また中にはサプリメントで栄養補給していたら
止まらなくなりどんどん増えてしまって

サプリを食事みたいに食べてる・・・という人もいます。

これは行きすぎです。
そのうち病気になってしまうでしょう。

きちんと食物を食べて、サプリメントは補助位にするべきです。

私は基本的に一切のサプリメントはいらないと思っています。

サプリメントにお金を使うぐらいなら
栄養豊富なきちんとした食材にお金を使うべきだと思います。

そんな私も
ミネラルだけは体内で生産できないので多少補給していますが・・・