健康で長生きするために(食材編ー魚介類) 

a1180_006549

私の大好物は刺身です。
焼き魚などを含めて結構魚は食べています。

しかしその魚が実は結構危険なものだったら・・・

日本近海では放射能の問題があり魚介類については
皆さん結構意識されていると思います。

しかし魚介類の危険はそれだけではありません。

 

海そのものが汚染されている

海そのものが化学物質などで汚染されているということです。

その汚染物質を魚が体内にとどめているため、
これを食べる人間に様々な病気を発症させているという報告があります。

大きな魚は小さな魚を食べることで、小さな魚が取り込んだ
化学物質を取り込むため大きな魚ほど汚染が広がっているそうです。

今まで地球の海は広くてなんでも包み込んでくれる
という幻想の元、様々な汚染物質が海へ垂れ流されてきました。

a1620_000076工場からの汚染排水
家庭からの合成洗剤
農地からの農薬や化学肥料
船(タンカーなど)の廃棄物
タンカー事故による原油の流出
度重なる海での核実験による放射能汚染
・・・等

このような汚染物質が全世界から
海に垂れ流されているということです。

さすがに治癒力がある海でもここまで汚染されると
その治癒力が衰え元の状態に戻れなくなっているそうです。

以前に家畜の害よりも
実は魚の害の方が恐ろしいという話を聞いたことがあります。

それでは養殖魚がいいのかということになりますが、
養殖魚はまた肉と同じで抗生物質やホルモン剤などの問題があります。

確かに海は汚染されていますが
養殖魚と比べるなら天然産の方がはるかに被害は少ないと思います。

魚もか!と思われるかもしれませんが、残念ながら・・・

和食にも魚は欠かせないものだと思いますが
以前のように安全な食べ物ではなくなっているようです。

私の予防策としては
・なるべく全体を食べられる小さな魚を食べる
・養殖魚より天然産のものを選ぶ
・あまり外食はしない
・スーパーや量販店では買わない
・信頼できる所で買う(地域にもあると思いますので調べてみてください)
・・・・等

 

食材編のまとめ

これまで食材についてF1種の恐怖から魚介類まで
いろいろ書いてきました。

あれもダメ!これも危険!
だったら何を食べたらいいんだ!!

と怒られそうですが、
このような実態を分かってなるべく安全な物を・・・
ということしか現在はないのだと思います。

もう完全に安全な物を探す方が難しい時代になってしまいました。

私自身、肉も野菜も魚も何でも食べます。

しかし、安全な食材にこだわっていると思えるような
お店やそういう団体などを探して購入しています。

自給自足できるようならいいのですがそれもかないません。

せめて!食材にこだわり、
より安全なものを探そうということです。

食材についての基本的な考え方は
「なるべく化学物質の混入していないものを食べる」
ということです。

食材にこだわることで病気になる確率も
確実に減らすができると考えています。

私たちはあまりにも何も知らされず
毎日危険なものを食べさせられているということです。

このような実態を少しでもお知らせしたかったのです。

家族の健康を守るためにも
食材についてぜひ考えてみてください。

そして、できればこだわってください。
病気になる前に!

=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」

https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日6名様限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=======================