パニック障害と姿勢の関係パート2

パニック障害で悩む男性
今月初めにパニック障害と姿勢という記事を書きました。

その時に上部胸椎が中に入ってしまっている方に
このような症状が多いという事をお伝えしました。

なぜ?上部胸椎が中に入って入ってしまうと
パニック障害が起きやすいのか?

これから先は私の推測です。

 

胸椎の5番が重要

この部分に胸椎の5番があります。

この胸椎の5番は風邪をひいたときにもねじれるそうで
身体の不調と、とても関係の深い骨なのだと思います。
(野口整体の野口晴哉氏の理論から)

また5番前後の骨は精神的なダメージを受けやすい部分でもあります。

当院に見えられるうつやパニック障害の人は
全ての方のこの部分(肩甲骨の内縁部分)が固いです。

この部分の筋肉がいつも緊張していて骨を押すと痛いということは
常に神経を刺激しやすい状況にあるという事です。

 

分かりやすい例え

この胸椎5番の部分を尖閣諸島だと思ってください。
尖閣諸島の例え
尖閣諸島に中国の公船なんかが近づいてきて緊張すると
その情報は素早く官邸に伝わります。

官邸に緊張が走り色々と協議や対策が話し合われます。

その結果海上保安庁や様々な機関に支持がいきます。

この官邸が「脳」と言う事です。

つまり胸椎の5番が緊張するとその情報が脳に伝わり
脳内から様々な脳内物質が放出されるという事です。

またこの5番の緊張は内臓的には心肺に位置します。

様々な器官が心臓や肺の働きという事になります。

心臓がバクバクしたり、呼吸困難になるのは
そういうことだと思っています。

 

パニック障害の真実とは

このように緊張した胸椎5番周辺の筋肉を自らの力で改善しようとするのが
パニック障害という症状ではないでしょうか。

緊張した筋肉を自らの力で改善しようとしている状態という事です。

その方法として、緊張した筋肉を一旦さらに緊張させる。
そして解放させることで自らが筋肉を緩めようとしている。

しかし一旦緊張させたときに心臓や肺に負担がかかり
心臓がバクバクしたり、呼吸困難・過呼吸になってしまう。

この時の状態のことをパニック障害と言っているという推測です。

この状態が起こる前提として、5番周辺の筋肉は当然ですが
肩や首に至るまで筋肉が固くなっているという条件も重なります。

 

改善法

まず、肩甲骨から首にかけての筋肉のコリをほぐすことです。
パニック障害改善
そして時間をかけながら胸椎の歪みを正すことが
再現させない一番の方法だと思います。

しかし身体は治っても脳が記憶していることがあります。

時間をかけながらでも成功体験を脳にインプットするのです。

何度も何度も脳に大丈夫だ!大丈夫だ!と教えていくのです。

 
1、背中から首のコリをほぐす (まず症状を安定させる)
2、胸椎を矯正する (根本原因を改善させる)
3、脳に成功体験をさせて教育する (脳を教育する)

 
これでか改善するはずだと思っています。

 

納得!という方はご連絡ください。

 
 
=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」

https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日8名様限定>
「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=======================