血圧などの健康基準値は操作されていた

 

93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

先日発売された「週刊ポ〇ト」に衝撃の事実が載っていました。

血圧やコレステロール・血糖値などの健康基準値が
実は医学的根拠もないまま決められていたということです。

そこには大きな利権があり国民の医療費をむさぼる
高血圧マフィアなどの構図が赤裸々に書かれています。

健康と言われる基準値を操るだけで
製薬会社などは大きな利益を手にしていたということです。

当然一番利益を手にしたのは病院と薬品会社でしょう。
その他一部の大学教授など、いろいろありますが・・・

血圧の正常値は
1987年に上が160未満
2000年に上が140未満(60歳)
2008年に上が130未満

と段階的に下げられてきました。

なぜ下げたのかその根拠は定かではありません。

国民の健康を守るためと、もっともらしいことがその理由です。

こうなるとどんどん血圧患者が増え
降圧剤を処方される人たちが増えてきます。

しかしその実態は高血圧の患者を増やすため。
そして早く病気の認定をして降圧剤を多く売るためのようです。

以前から降圧剤はドル箱と言われ続けてきました。

現実に1987年に7500億円だった治療薬が
現在では1兆7700億円に跳ね上がり、

約1兆円の薬代が上乗せされ製薬会社に流れているようです。

一度飲んだら止められない。
a1180_007517
血管が破裂したらどうするんですか!
と脅されれば普通の人は怖くて止められません。

そして一生飲む羽目に・・・
その薬がさらに次の病気を作っていく・・・

薬を早期に飲ませることで
新たな病気がどんどん生産されていきます。

そうなると病院と薬にどっぷりはまってしまい、
抜け出せなくなってしまいます。

降圧剤だけではありません。

コレステロールも血糖値も下げることの方が
危険だという実験データーも出ています。

基準値を上回ったから数値を下げましょうと言うことで
真面目な人たちは薬で数値を下げさせられます。

そのことが逆に新たな病気をつくっていたということです。

悪魔の連鎖です。
怖い話です。

 

人にはそれぞれ個性があり年齢による違いもあります

人は身長も体重も一人一人違います。
暑がりの人も寒がりの人もいます。
食べて太る人もいればいくら食べても太らない人もいます。

しかしなぜ血圧をはじめとした生活習慣病の数値だけ
どんな人も同じにしなければいけないのか?

なぜこんなまやかしに簡単に騙されてしまうのでしょう。

血圧もコレストロールも血糖値も全て個性だと、
体重や身長のようにある程度の個人差はあっていいと思えないのでしょうか。

大体20歳の人と80歳の人の血圧が同じだということが不自然です。

年齢と共に血管は固くなり血管の中にも不純物が溜まります。

20歳の時と同じ血圧では全身に血液が行き届かないのは当たり前です。

20歳の時と同じに血圧を抑えてしまえば細胞に血流が回らなくなり
当然臓器や諸器官は元気をなくします。

そして元気がなくなり当然病気になってしまうでしょう。

脳にも血流がいきわたらなくなり、
それが痴呆やアルツハイマーの引き金にもなると考えています。

降圧剤をやめたら介護の問題もだいぶ違ってくるのではないでしょうか。

降圧剤に限らず様々な薬を高齢者から取り上げたら
もっと健康なお年寄りは増えてくるし、

介護の問題も今より深刻ではなくなると思っています。

 

現実に医者の言葉は強いです

私の父親も80歳を超えましたが、やはり降圧剤を飲まされています。

子供の私が止めろと言っても医者の言うことの方を優先してしまいます。

悲しいですが、これが現実です。

とても悔しいです。

最近少しボケが出てきているとのこと

私は降圧剤の影響だと思っています。

母親も日頃は頭もシャープなのに睡眠薬を飲んで
電話してくる日はその電話の記憶がないことがあります。

睡眠薬をやめるように言っても
周りの人も皆飲んでる・・・とのこと。

歯がゆくて仕方がない・・・
そんな気持ちです。

もう騙されるのは止めましょう。

そして自分の健康は自分で守るために
健康について医者任せにしないでもっともっと勉強しましょう。

 

=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」

https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日6名様限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=======================