ピロリ菌の除菌で嘔吐してしまったお客様

a1640_000380

当院のお客様でピロリ菌の除菌でいきなり黄色い液体を吐いて
びっくりしたというお客様がいらっしゃいます。

その後1週間ほど食欲もなくほとんど食べていないということでした。

病院に行ったら胃腸炎ということで胃腸薬をもらったそうです。

ピロリ菌の除菌と関係あるのかと問うと、医師に関係ないと言われたとのこと。

そんなわけ無いでしょう!
関係ないとは決して言い切れないと思いますよ。

とお話すると、

本人も生物も変なものも食べていないので
それに違いがないと思っているけど
違うと言われたからそれ以上は言えなかったとのこと。

 

早速調べてみました。

やはりピロリ菌除菌の副作用による嘔吐だろうと思います。

様々な副作用が書いてあります。

下痢・腹痛・味覚障害・じんましん・・・
除菌後の逆流性食道炎・・・等

副作用が気になる場合は医師に相談してください。
とちゃんと書いてあります。

また、別の人ですが
以前にピロリ菌の除菌をした方がいいかと訪ねた人がいます。

「70歳以上は特に除菌は必要ないでしょう」と言われていたのに
今年になって急に除菌を勧められて除菌したとのこと。

どうも今年の2月から慢性胃炎でも保険適用になったことと
言うことが違ってきたことは大いに関係がありそうです。

なんだかなあ・・・

また無駄な保険が適用され、大切な保険料や国の税金が使われたかも。

 

ピロり金の除菌に関しては、ガンなどのリスクが減るという考え方が主流ですが、
特に必要ないという医師も存在します。

ご自分でも色々と調べられてから考えても遅くはないと思います。

ピロリ菌の除菌など医学的な数値を出すときのリスクの表現などで
よく%の表現がされます。

例えば、
除菌をした人は
1000人で10人がガンに掛かり

除菌をしなかった人は
1000人中13人が罹ったとします。

そうすると10人と13人だけを比較して30%リスクが高くなる
とか、1,3倍になるういう表現がされるかと思います。

しかし、1%の確率が1,3%に上がるだけで大差はないともとれます。

表現の仕方で随分変わりますので、しっかり%の元の数字を見て
判断して頂ければと思います。

除菌をさせたければ30%、1,3倍リスクが上がると言います。
医学会ではよくこの手が使われているようです。

嘘ではないですが、誇張するときに使われる手法です。

よくよく考えれば1%が1、3%になるだけで大した違いはないとも取れます。

%表記の場合は、しっかり元の数字を把握して自分なりに考えましょう。

=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」

https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日6名限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=======================