塩野義製薬の新型コロナ薬また承認見送り

先日、
塩野義製薬の新型コロナ薬が承認を見送られました。

現在、国内で承認されている軽症者向けの飲み薬は2種類です。

どちらもアメリカの会社。

メルク社の「モルヌピラビル」とファイザー社の「パキロビッドパック」

この2つに続いて、第三の軽症者向け飲み薬として
塩野義製薬が開発したのが国産初の飲み薬「ゾコーバ」です。

この薬は国産ですので海外の事情に左右されず、
国内での安定供給が期待されているという薬です。

しかし、厚生労働省の専門部会は承認の判断を見送りました。

承認される可能性は残しつつ「継続審議」ということです。

今回、なぜ承認の判断が見送られたのでしょうか。

理由は「データ不足」ということらしいです。

委員らから
「最終段階の臨床試験の結果が出るまでは、とても使えない」
などとデータ不足を指摘する声が相次いだそうです。

mRNAワクチンは安全なのかい!
と突っ込みを入れたいところです。

そして、
『有効性が推定される』という判断はできない」
ということで承認見送りになったそうです。

私見ですが、
アメリカ産よりは国産の方がよっぽど安全性は高いでしょう。

多くの国民のもそう思って国産を待っているのだと思います。

しかし最近世の中のことが分かりかけてきた今
やはり日本産の薬の承認は難しいだろうと思います。

アメリカの薬が売れなくなります。
そんな戦勝国の身勝手な理由で世の中は動いています。

もし承認されるとしたら新型コロナの終わり頃でしょうね。

こんなことでいつまでも国産は承認されず
アメリカから買い続けることになるのでしょう。

日本の税金がどんどんアメリカに持っていかれます。
戦後ずっとアメリカの財布状態です。

mRNAワクチンについても同じ事が言えます。

今回のmRNAワクチンの開発国は
アメリカ、イギリス、ロシア、中国です。

なぜか、全て国連の常任理事国です。

ロシアや中国にできて
日本やドイツには開発できないのでしょうか?

第2次世界大戦の敗戦国である
日本、ドイツ、イタリアなどの国には利権は来ません。

戦後はまだ現在も続いていということでしょう。

終わりの来ない新型コロナ騒動はどうでもいいですが、

こういう自分たちではどうしようもない
現実を突きつけられると無力感というか悲しくなります。

なんだかなあ・・・

 
=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」
https://www.e-b-wellness.com/
さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)
TEL 048-831-7746

営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日・隔週木曜日
(土・日・祝日も営業しています)
<完全予約制 1日8名様限定>
「ホームページを見て…」とご連絡ください

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっお力なれると思います。
==================