「想」(そう)

健康にとって大切な「想」について

a0001_016471

「想」とは心・感情のことです。

心・感情と健康はとても深いつながりがあります。

昔から「病は気から」ということわざもあります。
(本来の気は気功の気という説もありますが・・・)

心のありようが健康と密接に結びついているということです。

引き寄せの法則というのがありますが

ポジティブな感情はポジティブな結果である健康を・・・
ネガティブな発想はネガティブな結果である病気を・・・

引き寄せることになってしまいます。

 

ポジティブな感情とネガティブな感情

ポジティブ・ネガティブと言ってもわかりにくいと思いますので
思い当たることを列挙してみました。

参考にしてみてください。

【ポジティブな感情】
愛、感謝、誠実、思いやり、謙虚、尊敬、奉仕、献身、同情、素直、
冷静、寛容、親切、期待する、希望を持つ、信じる、努力、協力、
正直、自分をオープンにする、人の成功・幸福を願う、喜ぶ、
安心、感動、満足、充実、幸福、嬉しい、楽しい、気持ちいい、
誇らしい、おかしい、笑う、わくわくする、リラックス・・・等

 

【ネガティブな感情】
怒り、不平不満、悩み、恐怖、悲しみ、不安、憎悪、恨み、イライラ、批判、嫉妬、妬み、頑固、執着、疑念、非難、自己顕示、独占、傲慢、いじめ、反抗、卑怯、人の不幸を喜ぶ、裏切り、無気力、無感動、
無関心、人任せ、怠惰、現実逃避、劣等感、失望、ショック、卑屈、
コンプレックス、悲観的、困惑、後悔、諦め、焦り、脱力感、・・・等

ポジティブ感情だけの人も、ネガティブ感情だけの人も
おそらくいないのではないでしょうか。

割合がポジティブの方が多いかな・・・?
と思えるように持っていければいいのではないでしょうか。

 

性格ではなく考え方の癖だと思いましょう

世の中にはネガティブに考えることが癖になっている人がいます。

何で自分だけ、自分は本当に運が無い、
あの人は良いなあ、あ~あ情け無い、
などと考えてしまいます。

例えば交通事故に遭って腕を骨折したとします。

その時に、
「何で自分ばかりこんな目に遭うんだろう」、
「何でこんなに運が悪いんだろう」
と考えてしまう人と、

「腕の骨折で済んで本当に良かった」、「運が良かった」、
「自分はまだ守られている感謝、感謝」、
と考える人がいます。

身の上に生きた事実は同じことですが、
考え方によってこんなに差が出てしまいます。

考え方は誰にも強要されません。
わざわざネガティブに考える必要はどこにもありません。

人生において非常に勿体無いことであり、一生のうちでは
相当の損失になってしまいます。

今日からでも性格だと思わず、考え方の癖・習慣だと思って
少しずつポジティブに変えていくようにしましょう。

 

やってはいけないこと

ポジティブになれない自分を責めないでください。

ポジティブと言っても、全てのことに対して
無理やりポジティブに考えなければいけないと言う事ではありません。

ここのところを勘違いするとポジティブに考えられない自分を
否定してしまい、また悩んでしまいます。

悲しいときは思いっきり泣き、怒りたいときは怒る、
という感情はストレートに表現しても良いのです。
a0055_000443
悲しみや怒りの気持ちを押さえ込んだまま、
無理やりポジティブ思考にしようとすると、

その事が逆にストレスになってしまい、
治癒力を抑制する方向に作用してしまいます。

涙は副交感神経を優位にし、
緊張をほぐす効果があり、また「バカヤロー」と叫ぶ事でも
副交換神経が優位になり、緊張もほぐれてきます。

自然に、意識しないでポジティブになっているというのが理想です。

人間は神ではないのですから少しずつ努力する
ということでいいのではないでしょうか。

完ぺきを求めず、少しずつ少しずつ修行だと思って
変えていきましょう。

 

まとめ

最近は会社や家庭でも様々なストレスを抱えている人が増えています。

そんなこと言ってもこの状況じゃ・・・
と思われる方も多いかもしれません。

ただ解っていただきたいことは、どんな状況であれ、
ネガティブはまたネガティブを引き寄せてしまうということです。

苦しい状況の中ではポジティブの機会が少ないかもしれません。

しかしその少ない機会の中で何とかポジティブを探して
ぜひ状況を変えていっていただきたいと思います。

難しいかもわかりませんが、
しかし・・・それでも・・・

やはり状況を変えるにはそれしかないと思っています。