食品添加物と健康

 

食品添加物と現状

私たちが毎日食べている食品の中には、
日持ちを良くする、見栄えを良くするなどの理由から、
さまざまな食品添加物が含まれています。

a0002_010534
食品添加物とは良く聞く言葉だと思いますが、具体的にはどういうものでしょうか。

食品衛生法の定義によりますと、「食品の製造の過程において使うもの、食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和、湿潤その他の方法で使うものをいう。」ということになっています。

砂糖や塩などは添加物ではなく、食品に分類されています。

現在、日本国内で使用されている添加物は次の4つに分類されています。 
    
指定添加物(345種)…有効性と安全性が確認され、厚生労働大臣が指定したもの
既存添加物(488種)…天然の原料から作られ、長年使われてきたもの
天然香料 …動植物から得られるもので、着香の目的で使用されるもの
一般飲食物添加物   …本来食品であるが添加物としても使われるもの

日本人の食品添加物摂取量はどれ位かといいますと、
1人あたり1日平均で約11グラムと言われていますから、
1年間にすれば約4キログラム、50年間で約200キログラム
もの食品添加物を口にしていることになります。

食品として体内に入るものである以上、添加物は、
人体に害のないもののみが使われるのが当然ですがで、
実際にはたくさんの危険性が指摘されていながら、
「少しなら大丈夫」という理由で使用が認められているのも少なくありません。

個々の食品では、極微量でも、現在の食生活では多くの食品に
食品添加物が使われていて、その食べ合わせいによっても
身体に悪影響を与えてしまいます。

どんな食品添加物が有害なのかという知識を身につけ、
食品表示を注意して買い物をするような習慣を心がけたいものです。

安さ・手軽さ・便利さというものも添加物があってのものだと
いうことを十分分かって、上手に付き合っていくことが大切だと思います。

ページトップへ戻る

 

食品添加物の毒性

厚生労働省は動物実験によってさまざまな毒性テストを行い、
どれ位の量なら人体に問題がないかその摂取量などを決めています。

a0790_000923しかしそれはあくまでも動物実験であって人間ではありませんので本当に安全な摂取量というのは分かりません。

それにテストで行っている量はあくまでも単体の摂取量です。

他のものと一緒にとった場合の危険性、現在のように一度に10種類も20種類も同時に摂ったときの複合摂取の危険性は全然考慮されていないのが実態です。

ということは認可されている食品添加物の安全性が完全に
確認されているとはとてもいえないのが現状だと思わざるを得ません。

なかでも「着色料」は危険だと言われていて、
着色料のなかには、発ガン性の疑いがあるのもあります。

ヨーロッパやアメリカでは使用禁止になっているものが、
まだ日本では許可されている物もあるというのが実体です。

ページトップへ戻る

 

食品添加物とうまく付き合う方法

ここまで食品添加物が蔓延してしまっている世の中では
自分達の食生活から食品添加物を排除してしまうことは
相当困難な時代になってきました。

それこそどこかの島へ行ってサバイバルをするしかなくなってしまいます。

ではどうすればいいのか?
なるべく量を少なくするように努力するしかありません。

具体的に食品添加物を覚えようと思っても
とても覚えきれるものではありません。

簡単な方法として台所にないものが
食品添加物だと思ったらいいということだそうです。

自分が買おうとしている商品の裏を見て、
台所にないものがどれだけ入っているかを見て、
なるべく少ない方を買うようにするということです。

そしてどうしても時間がないときは仕方がありませんが、
なるべく素材から料理をするように心掛けましょう。
a1180_007446

加工されている度合いが少なければ少ないほど添加物の量も少なくなります。

そして安いものに安易に飛びつかないことです。

安く出来る理由が必ずあります。

食品添加物で作る為に、原価を抑えられるから安くできるということは良くあることです。

また、あまりにもきれいな色をしていたり、
新鮮そうに見えるものなどに対して
常に疑問を持つように心がけることも大切です。

明太子はなぜあんなに赤いのか?
コンビニのおにぎりはなぜ
カパカパにならずにいつまでも軟らかく食べやすいのか?
なぜ新鮮なサラダが何時までもしなびないのか?
なぜOO風と書いてあるのか?

そしてなぜと思ったら裏を見てみましょう。

台所に無いものが一杯書いてあるはずです。

それを食べるか自分で手間をかけるか
もう一度検討してから買うように心掛けたら
食品添加物も大分減らせるのではないでしょうか。

とにかくなかなかゼロにすることは難しい時代だと思いますので、
上手に付き合っていくことが大切です。

害が公になってからでは遅すぎます。

自分の身は自分で守りましょう。

ページトップへ戻る