風邪に対する考え方

a0002_007504

先日も書きましたが、木枯らしが吹いて急に寒くなってきました。

寒くなってくると風邪の季節でもあります。

風は通常ウィルスによるものと考えられています。

しかし以前に読んだ本に、

整体的に考えると
「左右の重心の違いによる左右の体温の差が一定の範囲を超えると
風邪をひいて調整しようとする。」

という様に書かれていました。

身体の右半身と左半身に体温の差が生じていることが
風邪の原因だということです。

先日ちょっと風邪気味だったので、早速試してみました。

左の足により冷えを感じていたので、両足でしばらく足湯を行い
しばらくて右足を出して左足だけで足湯をしました。

それを二日間続けたら、なんと風邪がどこかに行ってしまったように
急に楽になってきました。

なるほど!
これは使える!

ということで皆様にもお勧めします。

 

【方法】
まず足湯か半身浴で両方温めてください。

そして途中で体温の低い方だけを更に温めるのです。

足湯の場合は片足を外して片方だけを更に温めます。

半身浴の場合は片足を湯船から出して、
お風呂の淵にかけておいたらいいと思います。

体温の差を自分で分かる人はそちら側をより温めます。

わからない人は体温計を左右の脇の下に入れて体温の違いを測ってください。

なぜ温めるのかというと風邪は英語で「cold」と言われるように
冷えによる血流不足が生じていると考えられるからです。

そんな馬鹿な!と思わずにまず試してみてください。

まだ重症化していなければ一気に改善すること請け合いです。

=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」

https://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日6名限定>

「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=======================