気候の変化による気象病にご注意ください

気候の変化による気象病にご注意ください

最近いつもの5月と違うような気候が続いています。

1日の気温差が激しかったり、暑い日と寒い日が
交互に繰り返されたり・・・

また最近は梅雨にでもなったかのようなお天気です。

このような天候で体調を壊される方もいらしゃいます。

これを最近は「気象病」と呼ぶらしいです。

「気象病とは」

気温や気圧など“気候”の変化によって引き起こされる
さまざまな症状の総称ということらしいです。

数年前から新しい病気として登場しました。

新しい病気を作って病院に誘い込もうという
彼らの思惑だとは思いますが・・・

しかしその手には乗らないようにしてください。

病院に行っても症状毎の薬が出されるだけでしょう。

頭痛・・・頭痛薬
めまい・・・めまい止めの薬
喘息・・・ステロイドなどの薬
関節痛・・・痛み止めの薬
不眠・・・睡眠薬
・・・等

根本的には何の解決にもなりません。

逆に薬という異物を体内に混入することで
その後の身体が弱体化させられてしまいます。

 

気象病の本当の原因

自律神経のバランスが乱れているだけです。

気象病というのは最近始まったことではなく
以前からずっとあったはずです。

寒暖差が激しかったり、気圧の変化激しかったりすると
体調を壊す人は以前から一定の割合でいました。

身体には自分の身体を一定に保とうとする
生体恒常性(ホメオスタシス)という機能があります。

この機能が急激な寒暖差や低気圧などから
身体を一定に維持しようと頑張ります。

ここで頑張るのが自律神経です。

穏やかな気候ならがんばらなくてもよい自律神経が
気候変動という環境ストレスに対応しなければなりません。

ストレスに対応するのは交感神経です。

現在人は仕事や人間関係、新型コロナ等の
様々なストレスを抱えて交感神経緊張型になっています。

ここにきてまた
気候というストレスにも対応しなければなりません。

身体の機能としてはすでに一杯一杯ということでしょう。

ここで自律神経のバランスを乱してしまう。

その結果様々な症状というSOSを出している。

その症状を「気象病」と呼んでいるのだと思います。

 

気象病の根本的な改善法

上記の通り原因は交感神経の異常緊張
ということですから副交感神経を刺激してやることです。

手っ取り早く改善するためには当院にお見えください。

整体で筋肉の緊張を緩めてあげれば
副交感神経が刺激されてきます。

【自分で出来る方法】

・お風呂に入って半身浴をする
・近くの温泉にでも入ってぼーっとする時間を作る
・体操やストレッチで身体を伸ばす
・指揉みをする「自然治癒力を高める方法」
・大きく深呼吸をする(吐く息を長く)

上記のようなことを行うことで
自律神経のバランスが整ってきます。

そうすることで症状も改善するはずです。

病院で薬を処方される前にやってみてください。

 

=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」
https://www.e-b-wellness.com/
さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)
TEL 048-831-7746

営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日・隔週木曜日
(土・日・祝日も営業しています)
<完全予約制 1日8名様限定>
「ホームページを見て…」とご連絡ください

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっお力なれると思います。
=======================