ロシアのウクライナ侵攻を考える

ロシアがウクライナ侵攻して10日ほどたちます。

毎日テレビでは悪者ロシアの報道ばかりですが
本当にロシア(プーチン)は悪者なのか?

そしてウクライナはかわいそうな国なのか?

テレビで流されている悲惨な映像が
実はゲームの映像を引用しているとも言われています。

日本のメディアは全てアメリカ側からの報道しかしませんので
表のニュースばかり見ていたら本当のことは分かりません。

喧嘩両成敗という話もあり、
一方通行の話だけでは真実は見えてこないと思います。

少なくともロシア人は何も悪くないので
在日ロシア人に悪意ある行為をするのは止めましょう。

戦争はいつの世も全て政府の上の人達だけで決めていますので、
被害者はロシア国民とウクライナ国民の両方です。

支援するなら両方の国民に支援しなければならないと思います。・

 

違う方面からも調べてみました

どうも侵攻したというより侵攻させられた
というのが本当の話のような気がします。

戦争をしないと儲からない勢力によって
無理やり戦争になるように仕向けられたのが正しいのかも。

以前にキューバ危機というのがあって
米ソがあわや核戦争という大変な危険がありました。

ソ連がキューバにミサイルを設置したため米国が怒ったのです。

自国の喉元にミサイルを配備された為怒ったということです。

その時のソ連は悪者扱いされてしまいました。

そして今度はロシアの喉元のウクライナをNATOに引き入れて
ミサイルを配備しロシアを威嚇しようとしたのです。

ロシアが怒っって侵攻するように
意図的に挑発行為を繰り返した、というのが正しいのかも。

プーチンはうまく利用されただけなのかもしれません。
(プーチンにも他の戦略的な計算もあるのだと思いますが)

戦争状態を起こしたのはアメリカの戦略という考え方です。

本当はヨーロッパはやりたくなかった。

ロシアから天然ガスや石油を輸入して
電力の供給をしていますのでやりたくないのが本音です。

現在、
天然ガス・石油が暴騰してヨーロッパの国々は困っています。

しかし加担せざるを得なかった・・・
大きな勢力には逆らえない・・・

今回の件で一番儲かっているのはアメリカです。

・各国は軍備を増強するようでアメリカの軍需産業は潤います。
・世界最大の産油輸出国なので石油の値上がりで儲けます。
・原油が上がればシェールガスも売れます。
・天然ガスもヨーロッパに輸出できます。
・支持率の低いバイデンは支持率を上げれます。
・自国は戦場にももならず安泰です。

これは一般的な裏の見方ですが、それ以外にも
ウクライナという国にはまだたくさんの裏があるようです。

・ウクライナの政治の中枢が曲者
・ロシアとウクライナの歴史的背景
・ヨーロッパとロシアの宗教の歴史的背景

等も関係しているようです。

テレビだけではなく
様々な所から情報を得るようにしましょう。

テレビでは解らない本当の姿が見えてくると思います。

世界のロシア国民に対する様々な嫌がらせは
何の正当性もないと思います。

 
=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」
https://www.e-b-wellness.com/
さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)
TEL 048-831-7746

営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日・隔週木曜日
(土・日・祝日も営業しています)
<完全予約制 1日8名様限定>
「ホームページを見て…」とご連絡ください

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっお力なれると思います。
====================