Home » 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア【さいたま市浦和の整体】マッサージ師も通う整体院「ウェルネス」

椎間板ヘルニアと改善法

初めに

レントゲンを撮って椎間板ヘルニアと
告げられる方は結構いらっしゃると思います。

その病名を聞いただけでとても暗くなってしまう
という方も多いのではないでしょうか。

しかし、椎間板ヘルニアの95%は
手術の必要はなく改善するとも言われます。

恐れないで、まずゆったり構えてください。

 
 

椎間板ヘルニアとは

bone_vertebrae_lat脊柱(背骨)は一本の骨ではなく、
いくつもの骨が重なり合って出来ています。

一本の骨だとポキッと折れてしまう可能性があり、
大変なことになってしまうからでしょう。

頚椎(首の骨)が7個、
胸椎(胸の骨)が12個、
腰椎(腰の骨)が5個
という構造になっています。

そしてこの一個一個の間に入ってクッションの役目をするのが
椎間板です。

201202071325
この椎間板がはみ出て神経を圧迫すると痛みが発生しますが、
これを椎間板ヘルニアと呼んでいます。

代表的なのは腰椎の椎間板ヘルニアですが、
頚椎の椎間板ヘルニアの方もいらっしゃいます。

 
 

ページトップへ戻る

椎間板ヘルニアの原因

【腰椎椎間板ヘルニア】・・・腰

●腰に負担をかける急激な運動
 スポーツなど急激に強い力が腰椎に加わることによって、
 椎間板が圧迫され支障が出てしまいます。

●日頃の悪い姿勢
 猫背の姿勢や長い時間同じ姿勢を続けることが
 腰椎に負担をかけることになり発症します。

●椎間板の老化
 通常椎間板は20歳過ぎると老化が始まると言われ、
 徐々に外からの衝撃に対して弱くなってきてしまいます。

 
【頚椎椎間板ヘルニア】・・・首

●首に負担をかける急激な運動
 スポーツや追突事故など、頚椎に急激な力が加わることで
 椎間板が圧迫され発症してしまいます。

●日頃の悪い姿勢
 特に最近言われているのが下向きの姿勢です。
 猫背など胸椎が丸くなる姿勢の要注意です。

●椎間板の老化
 腰と同じように首の椎間板も老化します。

 
 

椎間板ヘルニアのの症状

【腰椎椎間板ヘルニア】・・・腰
・腰が痛い
・足がしびれる・痛い
・足が冷える
・足の筋力低下
・排尿障害・性器異常
 重症化すると脊髄を損傷することも。
 

【頚椎椎間板ヘルニア】・・・首

・首が痛い(可動域が少なくなる)
・肩こり
・背中の痛み
・手がしびれる
tn_memai01・腕が痛い・だるい
・握力が低下する
・頭痛
・めまい
・吐き気
・耳鳴り
 その他の自律神経のバランスが崩れた症状
 
 

ページトップへ戻る

一般的な治療法と問題点

病院へ行って椎間板ヘルニアと診断されると
その症状の度合いによって様々な方法がとられます。

まず痛みを止めるための痛み止めの薬や
ブロック注射などが一般的です。

その他シップやベルトなどを進められる場合もあるでしょう。

また、圧迫されている椎間板を広げようとして
腰や首などの牽引を行う場合があります。

しかし、筋肉が固まっている状態で引っ張ってしまうと
筋肉が断裂したり、さらに固まってしまう恐れがあります。

a1f2d0e3e5811c90cf4e2b2effeb1807_s重症化している場合は、はみ出している部分を切除する手術を進められることになると思います。

しかしこれも椎間板ヘルニアの95%は手術を要しない
という医師も存在します。

西洋医学的には、はみ出した椎間板は自己治癒力で
元に戻ることはないという前提で考えられています。

しかし、レントゲンで前回あったヘルニアが
見当たらなくなっているという現象は現実に起きているのです。

 
 

当院の施術方法

西洋医学で見落としているのは筋肉のコリです。

椎間板が圧迫されているということはその椎骨の
両側に筋肉のコリ(筋肉の収縮)があるはずです。

まずこの筋肉のコリ(収縮)を緩めてあげることです。

筋肉のコリが緩むと椎間板の圧迫も緩んできます。

筋肉を緩め切ったあとで牽引してあげることは有効です。

急激な力が加わって椎間板が圧迫された急性の場合は
筋肉を緩めることで回復も早くなりますが、

腰椎そのものの歪みによって徐々に圧迫されたものは
それなりの時間を要すると思ってください。
DH000095
原因となっている歪みをある程度まで改善しないと
また同じような症状に悩まされてしまうことになります。

ご自宅での体操などもしかりとお伝えします。

ある程度まで改善した後は、月々のメンテナンスや
あなたの日々のセルフケアで、
快適な毎日を遅れるようになってきます。

 
 

椎間板ヘルニアの予防法

スポーツや事故などで急激な力が加わる場合は
難しいかもしれません。

しかし、やはり一番大事なことは常日頃の姿勢です。

腰椎や頚椎による様々な症状が
日頃の姿勢からきていることは多いです。

座る姿勢・足を組む姿勢・下向きな姿勢・・・など
気をつけてください。

正しい姿勢は筋肉や椎間板の老化も遅らせることができます。

 

お客様の声

a0001_013659

ほとんど歩けない状態でしたが  mayu様 43歳(女性) 会社員

img092

<どんなことでお悩みでしたか?>
腰痛(ヘルニア)

<当院で施術を受けた感想をお願いします>
昨年10月から通い始めほとんど歩けない状態でしたが、今では痛みを感じないほどになりました。

もう少しで登山もまた始められるかな・・・と思います。これからもよろしくお願いします。

当院を漢字一文字で表すと

「楽」

いつも楽しくお話をさせていただき、リラックスできています。疲れがたまってくると早くウェルネスに行きたいな・・・と思います。

 

ページトップへ戻る

お問わ合わせなども気軽にご連絡ください

    

電話でのご予約は

電話予約

 

インターネットでのご予約は

予約フォーム

 

 

 

 

≪初めてのお客様へ≫
土・日のご予約の場合は数週間お待ちいただく場合がありますので早めにご予約ください。
また平日の場合もご希望の時間がある場合は余裕をもってご予約ください。

営業カレンダー

スピリチュアルな施術を希望の方

当院の基本情報

整体院ウェルネスへのご来院地域

院長のひとりごとブログ

 

院長のFacebook

 

Copyright(c) ‘2018’ 【さいたま市浦和の整体】マッサージ師も通う整体院「ウェルネス」 All Rights Reserved.