Home » 食材毎の食べる割合について

食材毎の食べる割合について【さいたま市浦和の整体】マッサージ師も通う整体院「ウェルネス」

どんな食材をどんな割合で食べればいいのか

a0002_011537

どのような食材をどれぐらいの割合で食べればいいのか?
これもとても難しいです。
操体法では人間の歯の数に注目しています。

歯は普通親知らずを除いて上下14本ずつで28本になります。

そして上下とも左右対称になっていて
真ん中で分けると左右7本ずつになります。

この7本が上下左右にあり合計28本ということです。

この7本を見てみると
臼歯4本、犬歯1本、前歯2本ということになります。

「臼歯」は穀類をかみ砕く歯
「犬歯」は肉を引きちぎる歯
「前歯」は野菜や果物を砕く歯

a0731_000775

だとすれば、
その割合が一番身体にとっていいとも考えられます。

この割合で食べると

穀類を 4/7
肉類を 1/7
野菜・果物が 2/7

という割合になります。

穀類:肉類:野菜・果物=4:1:2
ということですね。

肉食が多い家庭も多いと思いますが、
1週間に一度ぐらいが身体にとっては適量なのかもしれません。

しかし毎日同じような割合で食べるのが良いかと言えば
そうでもないと考えています。

a0555_000082 その時の身体の状態によって肉が食べたかったり
野菜や果物が食べたかったりすると思います。

また疲れた時などは甘いものがほしくなります。

体調面だけではなく年齢によっても比率は
いくらか違ってくると思います。

育ちざかりは肉の比率を高め、中高年は逆に
野菜や果物の比率を高めるようにしてください。

人生のトータル的な割合が上記のような割合になっていれば
それでいいのではないでしょうか。

要は偏った食事にならないように注意することが大切です。

健康にとって食材毎の割合はとても重要だと思っています。

営業カレンダー

スピリチュアルな施術を希望の方

当院の基本情報

整体院ウェルネスへのご来院地域

院長のひとりごとブログ

 

院長のFacebook

 

Copyright(c) ‘2018’ 【さいたま市浦和の整体】マッサージ師も通う整体院「ウェルネス」 All Rights Reserved.