Home » 健康で長生きするために » 身体に良い物さえ食べれば健康とは言えない

身体に良い物さえ食べれば健康とは言えない【さいたま市浦和の整体】マッサージ師も通う整体院「ウェルネス」

2018年04月02日 category : 健康で長生きするために 

身体に良い食べ物を食べましょうと言います。

本当に身体に良い食べ物は身体に良いのでしょうか?

これは本当です。

農薬まみれ、化学肥料まみれ、遺伝子組み換え・F1種・・・等の農作物
合成着色料などの化学物質まみれの食品。

このようなものが人体に良いとはとても思えません。

食材を選ぶのは健康にとってとても大切なことだと思います。

しかし・・・
中にはその事しか頭にない、その事ばかり考えている人がいます。

 

「食」を気にし過ぎることがマイナスに

このような食品に対して過敏に反応することは
今度は精神的な負担になってしまうことがあります。

常に変なものが入っていないか気にしてる・・・
常に身体に良いものかどうか考えて食べている・・・
友達や知人との楽しいはずの外食も
何が入っているか分からないから行きたくない・・・

このように考えてしまうと今度は心が病んでしまいます。
精神的に常にストレスがかかってしまうという事です。

そうなるとそのストレスが筋肉を徐々に硬直させます。

精神的な負担やストレスは筋肉を固めるのです。

その筋肉のコリが血流やリンパ・神経などの流れを悪くします。

その状態が長く続いてしまうと身体は病体化していきます。

そして原因不明の不調に悩まされることにもなってしまいます。

 

健康にとって「食」がすべてではない

確かに身体に良いものを食べることはとても大切です。

しかし過度に気にしすぎると本末転倒になってしまいます。

「食」の占める割合は健康にとって100%ではありません。

せいぜい20~30%位と私は考えています。

それ以外にも
「運動」・「呼吸(酸素の供給)」・「精神的ストレス」・「住環境」

または孤食にならないように人とのコミニュケーション等
「食」以外にも重要なことはまだ一杯あります。

「食」は大切だけど健康のすべてではない!と理解してください。

 

「食」で一番大切なこと

「食」で一番大切なことは
美味しい!
楽しい!
あ~あ満足!

と思えることです。

栄養や身体に良い物かどうかなんて
食の楽しみの次の次だと思っています。

まず食を義務的・修行・修養にしないで
皆が満足できるような場にするよう心掛けてほしいものです。

食の楽しみを無くした食卓ほど悲しいものはないと思います。

食を楽しみながら・・・
身体に良いもの・栄養を考えて食べるということです。

「食」はこれぐらいの考え方で丁度いいと思っています。

 
 
=======================
【さいたま市浦和の整体院】
ココロもカラダも元気整体院「ウェルネス」
http://www.e-b-wellness.com/

さいたま市浦和区岸町6-1-5-202
(浦和駅から徒歩8分、つきのみや神社目の前)

TEL 048-831-7746
営業時間:9:00~20:00
定休日:毎週水曜日
(土・日・祝日も営業しています)

<完全予約制 1日8名様限定>
「ホームページを見て…」とご連絡ください。

心や身体の不調でお悩みの方はご相談下さい。
きっとお力になれると思います。
=======================

営業カレンダー

スピリチュアルな施術を希望の方

当院の基本情報

整体院ウェルネスへのご来院地域

院長のひとりごとブログ

 

院長のFacebook

 

Copyright(c) ‘2018’ 【さいたま市浦和の整体】マッサージ師も通う整体院「ウェルネス」 All Rights Reserved.